つれづれログ。

いろいろ齧ってぜんぶおいしい。

いつかきみだけのいろになる。

 

クッソー!覚えとけよ!

和也くん絶対緑も似合うから!!

 

 

 

どうも、メンカラピンクの大橋くんがちょっとだけ諦めきれないオタクです。

なにわ男子結成に伴い、和也くんのメンバーカラーが緑になりました。ちょっとだけ寂しくて泣きました。

 

でもでも!それこそ大好きな阿部くんと同じ色だし、メンカラ緑同士また仲良くしてほしいな♪とか徐々に受け入れて前向きに考えてたんですよ。

普通に服の色としても好きだから、「梅芸は可愛いパステルグリーンを着て大橋くんに会いに行こうかな♪」とかウキウキしながらお洋服を見てたわけです。

 

 

 

で、今日。

 

なんか自担が自担をものすごい勢いでナンパしてる。

「君かわうぃーね☆お兄さんと一緒に黄色の衣装着て踊らない?!」(※意訳)

 

 

いやいやいやいや、何してんのおぢさん(困惑)

黄色は黄色で可愛い色ですけれども。確かに緑って理知的なイメージとか寛容な大人みたいなイメージがあって、和也くんとはちょっと違いますけれども。

そんなこと言ったら他のグループの緑さんだって緑レンジャーのイメージは無いジャーン。

じわりじわりとその人の色が緑に見えてくる訳ジャーン。

っていうか緑レンジャーのキャラって割とシリーズによって変わると思うんですけど淳太くんはどの辺の世代なのかな?(細かい)

 

 

これが赤だったら話は変わるんですよ。

赤とはすなわちセンターカラー。選ばれた人しか身につけられない色だと思うし、赤に対して「その色は違う!」って自論を展開しているならまだわかる(それだってかなり乱暴だけど)。

 

でもさー…他の色は満場一致でこの色!ってのはなかなか難しいと思うんですよ。

なんなら私は長尾くんだって紫のイメージだったし、恭平くんが黄色の世界線もありえなくは無いと思う。(錦戸くん的な)

 

それでもって赤以外の色に関しては人によって色味が変わると思うんです。

私の中でも阿部くんと神山くんの緑は同じじゃないし、もちろん大橋くんも違う。

それぞれを見るときに身につけたい緑も全く違う。

白を混ぜるのか、もっと深くて濃い色になるのか、割り当てられた人の個性によって変わってくるものじゃないですか。*1

和也くんの引き寄せる緑色がどんな色味なのかはこれから見えてくるし、私はそれが楽しみ。

 

 

淳太くんはオタク的な思考というよりは客観的なイメージでお話をするタイプなので、最初に言ったように「緑が与えるイメージ=賢くて優しい、寛容な大人」という点から大橋くんは緑じゃなくて黄色だよ!と主張したんだと思いますが、そんなこと言わず長い目で見てほしいなぁ、というのが中間担であり大橋担であるオタクの主張です。

 

文面は冗談っぽいけどわざわざぶ誌に書いてる訳だし、淳太くんがどこまで真剣に抗議しているのかイマイチわからないですけど、結成したばかりだからこそ馴染んでないのは当たり前じゃないかな?

 

早く大橋くんの為だけの緑色が見つかりますように…!

淳太くん、見てろよ!!(笑)

 

 

(「ただ単に可愛い大橋くんと自分をお揃いにしたかったんじゃ?」という説が友人から浮上したのですが、それならそれであんなに必死になってる淳太くん可愛いなぁ…)

 

*1:この個性は各グループのピンクさんを比較するとわかりやすいですよね

優しいって幸せだ。〜NEWS 15th anniversary Strawberry〜

 

いや〜…

 

私NEWSが大好き!!!

 

どうも、この前大見得切って「絶対EPCOTIAのレポ書いてやる…!」って誓ったくせに最終的にそれどころじゃなかったので流したオタクです。

 

 

そして流されるまま8月11日。

15周年ライブツアーStrawberryに参加して参りました。

 

 

相変わらずメモ無し参戦の上に汗涙垂れ流し、盛り上がりっぱなしで記憶も曖昧の為ろくなレポは書けないのですが、とにかく楽しかった!!*1

 

 

今回いつものようなコンセプトの決まったコンサートとは異なり、「NEWS15周年おめでとう!」というお祭り騒ぎなセトリでした。

 

野外フェスということもあってとにかく声出せ!歌え!騒げー!!のオンパレード。

NEWSおめでとう!暑くても楽しいね!今日を迎えられて本当に良かった!!

 

 

 

し・か・し!

 

今回も山のようにサプライズ・ビックリ選曲が紛れ込んでおりました。

 

突然のテゴマス、ここでまさかの?!shock me、後半満を持してぶち込まれる夜よ踊れなどなど、「あ゙ーーーそれ歌っちゃうんです?!」のオンパレード。*2

あと個人的にはバンド紹介からのインスト入ってJUMP AROUNDがカッコよくてニヤニヤしました。いやー、何が来ても大興奮!!

 

あとあの、増田さんがァ、メンバーカラーでェ…衣装がァ…もう…本当、あの、本当まっすーってカッコいいなぁ!!!!!(大泣)

 

 

これは前情報なしにみんなビックリして欲しい!

「あ゙ー!!」ってみんな叫んでほしい!!

初めて箝口令の存在意義に気付かされました。(理解してたんじゃないんかい←)

 

野外も初めてで楽しかった!

人間って花火が上がるとやっぱり興奮しちゃいますね!!

 

 

 

さてさて、そんなとっても楽しかった15th anniversaryの中でも私が1番忘れられないのはやっぱり小山くんでした。

 

どこからどう見てもDDの私ですが、それぞれのアイドルを見る時に生まれる感情は様々です。

好き〜っ!とトキメキでいっぱいになる人、可愛くてたまらなくて胸を擽ったくさせる人、いずれも最後は幸せに繋がるのですが、そこに至るまでに訪れる感情は人によりけり。「幸せ」って一口に言っても中身はいろいろなんだなぁと自分の心で実感します。

 

 

小山くんはその中で、私の涙を揺さぶってくる人です。

 

 

暖かい言葉に触れた時、優しさが垣間見えた時、彼の歌う声が震えた時、私はいつだって泣いてしまいます。

心をぎゅっと掴まれたみたいに切なくなって、知らず知らずのうちに涙が出てしまいます。

 

「なんで悲しいのかもわからずに泣くな」と怒られて育った身としてはNEWSコンにいる時の自分は情けなさの塊なのですが、揺さぶられたものは仕方ない。開き直って毎度垂れ流しで泣いております。

何故かはよくわからないんですけど、慶ちゃんに向き合ってる自分はやや重い。すぐ泣くところも含めてちょっと重い←

 

 

 

味スタの2ヶ月前、初めて小山くんにお手紙を書きました。

 

小山くんの好きになった所や小山くんから貰って嬉しかった言葉をつらつら並べて、我ながら重い手紙になったなぁと苦笑しながら投函しました。

 

 

何度も書きますが私は小山くんの言葉が大好きです。

「明日からも頑張ろうな!」って笑ってくれた、(私にとって)初めてのNEWSコンを忘れられません。

俺たちを応援してるって言うけど、俺達もみんなのこと応援してるんだぞ!

何気ない挨拶でこんなに頼もしい言葉をくれる小山くん。私はこの優しさに胸を打たれて、転がり込むようにNEWS担になりました。

 

 

今回味スタで流れたデビュー会見の映像で、デビュー当時の小山くんは「いろんな人を笑顔にしたい、元気にしたい」と言っていました。

そしてそれを受けた現在の小山くんは、「いろんな人を元気にしたいと思いながら、実際はいろんな人から元気を貰った」と話していました。*3

 

 

私はたくさん小山くんの言葉に勇気づけられて、たまに出てくる「どうしちゃったの?!」ってくらい天然な一面に笑わされて、本人が意図してない所で零れた可愛さに胸を掻きむしって、毎日楽しくNEWS担として生きています。

そして誰かを元気づけよう、みんなを喜ばせよう、と頑張る小山くんが大好きです。

 

そんな大好きな部分が、15年前から小山くんの中に決意として存在している事に驚いて、それだけでも涙が止まりませんでした。

こんな言い方はおかしいけれど、「間違ってなかった」というような、ホッとした気持ちになりました。

 

 

小山くんに元気を貰ってばかりなのに、小山くんは私たちから元気を貰ったと何度も言っています。

 

悲しい事があった時、「早くみんなに会いたかったです」と話していた小山くんを見て、優しい小山くんがホッとできる存在がファンだったらいいな、と思っていました。

 

「ごめんね もう二度と泣かせない」と歌いながら声が震えていた小山くん。

「孤独の中で悲しまないで、優しい光に見守られてるから」と歌いながらやっぱり泣きそうになっていた小山くん。

 

公演中何度も訪れた危うい、脆くなった瞬間に「慶ちゃん、私たちここにいるよ、」とペンライトを振れたこと。

たぶん忘れられないと思います。

 

 

行けてよかった。本当によかった。

私自分で思ってるよりずっと小山くんが好きだなぁと思いました。

 

 

 

なんでしょうこのブログ(笑)

相変わらずNEWSコンは書きたいことがたくさんあるのにまとめられない。

とにかく、小山くんもファンもお互いに優しい気持ちで向き合えた気がして幸せだったんです!!

 

 

もちろん涙の瞬間だけじゃなくて本当の本当に楽しかったんですよ!

 

記念すべき15周年のコンサートで「脚が長くてカッコいい」って小山担歴2秒みたいな感想抱きましたし(?)

スラッと背の高い人がストリート系の衣装着ると何でこんなにカッコいいのでしょう…。

ちなみに、増田さんが「小山くんに着せたい服」と私がめちゃくちゃカッコいいと思う小山くんにズレがないので毎年、全衣装、常に力強く親指立ててます。ありがとう増田さん。

 

 

まとまらないけどこの辺で。

NEWS15周年本当におめでとうございます!!

 

 

 

 

*1:夏の野外、泣いても汗と一緒に流れ落ちてくれるので都合がいい

*2:夜よ踊れはみんな来ると思ってたけどクオリティが想像の上の上だった

*3:毎度の事ながらニュアンスです。本当に申し訳ございません…どなたかのレポを参考にしてください…

「私はいいの、」という呪文~マリウス感想(?)~

 

本日の議題!ババンッ!!

 

「はたしてマリウスはクズなのか?」(と、同時に「ファニーはいい女なのか?」)

 

2幕が始まったあたりからずっと引っかかっていたこの疑問。

マリウスはしょーもないクズ男なんだよ!という前情報だけ得て観に行った私としてはこの作品におけるクズのハードルが低すぎて「え?そんな、え???」となってしまいました。

 

もちろん時代的な考え方の違いもあると思います。

観劇後に私よりずっと世界史が好きで論理的な友人(桐山担)と話し合ったのですが

あの時代に(どんなに強い誘惑があったとしても)家庭を選べない男=クズ

という結論に落ち着きました。

 

 

でもさぁ・・・でもさぁ・・・・・・

マリウス、結婚するつもりだったやん

せっかくの決心に揺さぶりかけたの、あの女やん

 

どぉぉしても納得できない!平成の日本に生きるややひねくれた成人女性の私はどうしてもマリウスだけを「クズ」と呼べなくてモヤモヤしている!!!

 

「家族を選べない男は~」という理屈で落ち着けたけど、そもそもマリウスは最初から自分に家族ができるリスクを回避していたんですよ。

「ファニーのことは好きだけど僕は結婚しないから、気持ちを伝えられない。」ってちゃんと伝えてあげてるんです。この時代に結婚しないで恋人として関係を続けるなんてマリウスにとってもあり得ない事だったんですよ。

そんなマリウスの頑なな決意を揺るがしたのが、船長と契約を交わそうとしたマリウスを引き留めてきたファニー。「海より素敵なものはいっぱいあるのよ!私が教えてあげる!それでも海に行きたいなら船乗りになればいい!」そこまで言ってのけたファニーに心動かされてマリウスは船に乗ることを諦める。

 

今思うとこのシーンが一番悲しい。

 

この時点でマリウスは船への思いを断ち切ろうとしたんだと思うんです。ここでファニーと家族になって一生マルセイユで生きていく。父親と同じようにカフェのマスターとして生涯を終える。本心で納得できてなかったとしても一度諦めてしまえばチャンスなんて2度と来ないし、今まで通り海に思いを馳せるだけで済む。

対するファニーもマリウスと家族になってずっと生きていこうと思っていた所は同じ。ただ彼女の場合、「マリウスが一切の海への思いを断ち切って」自分と家族になってくれると思っていたんじゃないかなぁ、と。

 

この食い違いが明らかになるのが1幕のラスト。

ファニーはあの手この手(色仕掛けですね)でマリウスを繋ぎ止めようと奮闘します。

が、そんな事知らない周りの大人からしたら、結婚もしていない他所の娘の家に毎晩通っているマリウスなんて「何じゃあの男、人の娘に手出しよってゴルァ!!」ですよ。

 

当然2人が結婚する流れになるわけで。

勿論マリウスだってそのつもりだったわけで。

 

この雰囲気に流されなかったのはただ1人。

 

マリウスが乗船を諦めた船が出港する日。

自分にプロポーズしたマリウスを拒んだファニーは、あろうことか今度は「船に乗れ」と彼を説得し始めます。

あれこれしてみたけれど、マリウスの海への憧れは断ち切れないと気づいたから。自分のわがままで彼をマルセイユに縛り付けたら彼が不幸になってしまうから。

 

「船なんていつでも乗れる」と思ってもいないことを口にしてマルセイユに残ろうとするマリウスに、「実はパニスからのプロポーズを断ってない」と嘘までついて彼を海に送り出すファニー。

(※情緒の無い私はここで既に「今更遅いよバカ・・・」と1度目の悪態)

 

・・・で、マリウスはファニーを置いて海へと旅立ってしまう。

パニス以外の大人は2人の事情なんて知らないから、彼女を置いて(しかもやることやって)海にでたマリウスはそりゃあ悪いやつでしょう。

 

そもそもマリウスにとってのファニーって海への気持ちを鎮める唯一の要因になるくらいには大切な女の子な訳で。

そんな大好きな女の子に迫られてギリギリの理性保って!なんてファニーさんそれはもう拷問だよ・・・って思いません?これ本当にマリウスだけが悪いかな?

順序は間違ったけど結婚して責任取ろうとした男になんて仕打ち・・・。

 

「私はいいの」という言葉は、罪悪感を利用することで自分の好感度を大きく上げてくれるそうです。(現代でも男性を繋ぎ止めるテクニックとして用いる女性が実際にいるらしい。)

ファニーとマリウスの別れはこの言葉が存分に効果を発揮しています。

 

2幕の始まり。マリウスは憧れの船に乗り、海での思い出を歌います。

私、ここで「木綿のハンカチーフ」ばりに楽しい毎日を歌いだすんだと思ったんですよ。マリウスはクズって聞いてたから。

歌い出して30秒くらいで「ファニー」出てきた。

コイツ完全に引きずってる。憧れの海全然楽しめてない。

 

「私のことはいいのよ、」で送り出された結果ファニーが心に住みついちゃってるマリウス。強い。こんな昔から人間の心理変わってない。

もはや気持ちよく出発できなかったマリウスが可哀想になってきた。

 

 

そして2幕最大の事件であるファニーの妊娠。

ここに関してはファニーもマリウスも2人そろって馬鹿。ここまで頭が回らなかった馬鹿なのか、それともただ単に2人がまだまだ子供だったのかは悩ましいけれど、とにかく2人とも浅はかすぎる。

やることやったらさぁ!当たり前にこうなるじゃん?!(暴言)

お前たちの思いとか体裁とか以前の問題である。この時点ではファニーもマリウスも人の親になれる器じゃなかったんだなぁ、と。

 

でもこれ、マリウスが悪くなっちゃうよね。

ファニー、肝心なところ何も言わないもん。

 

「お前がけしかけたんだろ~ぃ!」って頭の中で何回も野次飛ばしました。

大人はみんなあんたの味方だよ・・・。強い子ね、ファニー・・・。

 

 

ファニーを引きずりながら航海を続けていたマリウスも、彼なりに心を整理してマルセイユへと一時帰国します。

彼の中ではファニーとパニスがお互いの同意の上で結婚したことになっているんです。父親からの手紙で子供が生まれたことも知っています。「おめでとう」って言ってあげなくては!(自分のこと好きだった女の子にこんなこと言おうとする思考がクズ、って解釈もできるけどマリウスはとっても素直なおバカさんだし、これはこういう三角関係にある男のお決まりの台詞だからここだけでクズと呼ぶにはぬる過ぎる)

 

ファニーを祝福しようとするマリウスに激怒する父親

ほ~ら、ファニーがちゃんと説明しとかないからおじさん口滑らしかけてるよ?

 

しかもそこに訪ねて来るファニー。

来るんかい。

やめたって~、その男まだお前さんのこと好きなんだって~。

しかし、マリウスもまだ航海の途中。この後汽車に乗って次の港に向かいます。

 

父親に別れを告げ、何も知らないまま再びマルセイユを後にするマリウス・・・その背中に向かってファニーは「マリウス、私には何も言ってくれないの?」

お前悪魔かよ。

え?一応聞くけどお前マリウスのこと好きだったしマリウスもお前の事好きだったよね?

何「近所の年下の幼なじみから好意を寄せられていたけど気づかない振りして結婚しちゃったお姉さん」みたいな雰囲気出してるの?ん?

 

当然ながら今更どうにもできない感じでごたつく2人。

ここで「まだ俺が好きなのか?」って迫るマリウスは「今更それ聞いてどうすんの」感満載だけど、この言葉を引き出したのは他でもないファニー本人なのでしーらないっ。

 

ごたついてる真っ最中にファニーの子どもを連れてカフェに来てしまうファニーのママとおばさま。(お約束の様にタイミングが悪い。)

そしてうっかり子供がマリウスの子だと零してしまったおばさま

これはファニー悪くないね。話の流れ的にはグッジョブおばさま。

 

そうとなったら話は別だ!とファニーと子供を取り戻そうとするマリウス。

ここで全てわかった上でファニーの望み通りに口裏を合わせてくれている哀れなパニスさんの登場。

全て聞いて家族を取り戻そうとしているマリウスに対し、ファニーは良いけど子供は僕から取り上げないでくれ、と頼み込むパニスさん。

絶対それが良い。この2人まるで子供育てられる気がしない。

むしろファニーはマリウスに渡そうとしてるだけでもめちゃくちゃいい人だよパニスさん。最終的にご乱心のパニスさんがマルセイユ中を血まみれにするエンドでも納得できる気がした。

 

すったもんだあって結局マリウスを説得したのはマリウスのお父さん。

言っていることはごもっともです。命だけあげたマリウスなんかより愛情をかけたパニスさんの方がよっぽど父親だ。

でもね、お父さん。詳しいことを知らないお父さんに言っても仕方ないけれどさ、家族を持って父親になって、誰かに愛情を与えるという経験をマリウスは奪われてしまったの。半分は自分の海への憧れに。そしてもう半分はファニーに。

そんなに責めないであげてほしかったな。あなたはファニーじゃなくてマリウスのお父さんなんだから。

 

ま、ど~~~考えてもお父さんからしたら自分の息子があんぽんたんに見えるよね、この展開

実際あんぽんたんだし。子供と命を何だと思ってるんだこいつ。

 

 

ここで諦めがついて、マリウスは再び海へと向かい終幕。

哀れなお前、どこへ行く?と送り出されてゆくマリウス・・・。

 

 

ファニーの自己犠牲に大人が巻き込まれていくのが耐えられなくて、何度も脳内で野次が飛びました。

そりゃファニーは気分いいよね。自分が好きな男送り出してさ、夢と憧れを追いかける後押ししたんだもん。今頃憧れの海の上にいるんであろう想い人のこと考えたらちょっと幸せな気分にもなるさ。でもそれってちょっとマリウスの気持ち無視してない?マリウスもちゃんとファニーの事好きだったんだよ?

・・・と、いうのがファニーに対する正直な感想。

 

ちなみに「私はいいから」を多用しすぎると女性には見抜かれて煙たがられるのでご注意を。何度思い出してもファニーを斜めに見てしまう私が証明です。

 

 

アマデウスの時もコンスタンツェに怒ってたけど、スタンツェは浮世離れしたアマデウスを自分の生きている世界に縛り付けようとしていたからファニーとは真逆だなぁと。

(大和田さんが観劇に来ていた日の照史くんのレポが死ぬほど好きでした。照史くん、大和田さんにはちゃんとアマデウスとして接するんだね。)

 

 

あれこれ書いたけれどフラメンコ格好いいし照史くん自身が最高の仕上がりだし、マリウス観に行って良かったです!

私はプティくんの恋模様で頭がいっぱいでした。(久しぶりに見た西畑さんが記憶より大きくてびっくりした。)愛してるを繰り返すプティくんの歌が可愛い。役として最高に素敵なので、七五三掛プティも見たかったなぁなんて思ったり。

 

なにはともあれ、照史くん千穐楽おめでとうございました!

長い船旅だったので、ゆっくり休んでください!!

 

 

(※1度しか観劇していないので、セリフも場面もやや不正確です。ある程度大目に見てください)

悔しいから私はブログを書く。

ちっくしょー!悔しい~~~!!!

 

もうすぐ5月ですね!NEWS担の人格がフルスロットルの時期です。

しかしこの季節、せっかく覚醒したNEWS担の私が最も悔しい時期でもあります。

 

 

そう、

箝口令アンチです。

 

『せっかく楽しくても言えないなんてNEWS担可哀想~w』

『ネタバレ一切禁止なんて、自分のコンサートに自信ないんじゃないの~?w』

 

う、うるさ~~~~~~い!!!

SNSに手慣れたジャニオタさんたちはみんな言葉が巧みです。上に並べたような幼稚な書き込みは(楽しいTwitterライフの為にある程度の選別を行った私のタイムラインには)一切ありません。

でも私わかる。言葉尻に『w』付いてるのめちゃくちゃ見えてる。

 

まぁそういう気持ちになるのはわかる。NEWS担の中でも律儀に箝口令守ってる自分に疲れちゃってる人いるし、そんなの見たらちょっとくらい『w』ついてても仕方ない・・・。

(従順に口を閉ざしてしまうのがNEWS担の可愛い所だけど、疲れて愚痴零しちゃうくらいなら鍵垢でも作って好き勝手ネタバレすればいいのに、って私は思います。)

 

 

私はDDです。大好きがたくさんあります。

そしてもともと「自軍」と呼ぶべき場所がたくさんあるのに加え、好奇心に任せていろんな人のコンサートに行ってしまいます。

箝口令を出すこともなく、のびのびと感想を呟けるグループのコンサートもたくさん知っています。

 

それでもNEWSのコンサートは楽しみです。

 

「なにをするんだろう?」「この曲はどこでやるんだろう?」

いろんなセットリストを考えながら向かうたった一回きりのコンサート。年に一度の大切な時間です。

何か月も前からたくさん考えているのに、一度も予想が当たったことなんてありません。たくさん驚いて感動して、夢見心地で家に帰って、もう全てうろ覚えになった頃に円盤が現れて「夢じゃなかったんだ・・・」と確認するのが楽しくてたまりません。

 

 

だから悔しい・・・。

 

NEWSのコンサートが楽しいって伝わってほしい。

刹那的な魅力ばっかり語ってるけれど、実はあっちゃこっちゃに仕掛けがあって意外と多ステ向きだし、こういう凝った世界観が好きな人ってもっといるはずなのに。

っていうかちょっとネタバレしてても十分楽しいから。

正直ネタバレ云々とか関係なく4人とファンで「俺らだけのひーみつっ♡」ってはしゃいでるだけだから。

 

で、考えたのです。

なんでこんなに楽しいのにマイナス面ばかり広まってしまうのだろう?

 

そして、結論が出たのです。

 

口コミが弱いんじゃね?

 

『そんなに楽しいならどこがどんな風にすごいのか言ってみろよw』ってやつです。

自分が去年かいたNEVER LANDのブログを読み返してみたのですが、

 

hukaturdr.hatenablog.com

 

 これ現場入ってない人が読んでもわからない。

私、NEWSのブログ書く時NEWS担のことしか考えてない。(正直このブログはNEWS担が読んでもわかりにくい)

 

これじゃ『なんか楽しそうだね・・・』で終わってしまう。ただただにゅすほめして楽しいのはNEWS担だけだ。

 

と、いうわけで。今年はもうちょっと他担の方を意識した感想ブログを書こうと思います。

「楽しそう」、「見てみたい」、なんなら「円盤買ってみようかな・・・?」って思わせたい!(できるかな・・・?)

遅くなっても絶対書く・・・!拡散力低いブログだけど頑張る・・・!

毎年オーラス参戦で力尽きていたけど、今回は大阪公演なのでネタバレ解禁までに時間があるから!

 

 

ここ数日モヤモヤしていたので、思わず決意表明してしまいました。

円盤買おうかな、って思う人が現れてくれればいいなぁ。(まだ参戦もしていない人のつぶやき)

 

ではでは。

あべくんのすきなところ。~大学院卒業おめでとうございます~

 

今更になってしまい恐縮ですが…

せーのっ!

阿部亮平くん、大学院卒業おめでとうございます!!

すごい!カッコいい!ずっとカッコ良かったのにまだまだカッコいい!! 

「ジャニーズ最高の頭脳を証明したな」と友達(notすの担←重要)に言われて何故か私が大喜びしました。幸せの極みです。25日に入れなかったことも転げまわるほど悔しかったけど、27日に入れなかったのもなかなかに悔しいです!!(新生活準備してました。阿部くん、一緒に社会人頑張ろうね!!)

 

いつだって有言実行、無言でも実行、の阿部くんが大学院卒業に関しては「3月中に卒業出来たらいいな」とやや弱気な(※阿部くん比)コメントをしていた為、「やっぱり忙しいのかな・・・?」などと勝手に不安になっていました。

本当に失礼なオタクでした。(*゚ヮ゚)うるさいバカ!と言わんばかりに華麗に卒業してしまいました。阿部くんは大学院を華麗に卒業して、学生の自分にきちんとけじめをつけて、超特急で横浜アリーナに帰ってくるスーパーヒーローでした。

阿部くんのことで私が不安になることなんて何にもないんだな。

私は心置きなく阿部くんにめろってればいいんだな。

 

なら素直にメロメロしようじゃないか。 

阿部くんの好きなところをつらつら書きます。以前似たようなブログを書きましたが、あれは「阿部くんのどこを好きになったのか」という導入部分(?)だったので今回とは別物です(笑)

hukaturdr.hatenablog.com

皆さん砂糖をまき散らす準備はできてますか!?阿部くんカッコよすぎるから惚気止まらないよ!?(?)

 

 

①まず普通に顔がいい。

顔がいいのは彼に限った話ではないけれど、やはり阿部くんのお顔は整い方がえぐい。

 

私は1枚の写真(寝巻き男子)で転がり落ちるまで阿部くんを真剣に見つめたことが少なかったのですが、改めて見てみると「どうしてこんなに綺麗な男の子を隠していたの?!」というくらい顔がいい。

なぜ美形キャラで売らない?!と思わず憤慨してしまうほど。*1

 

しかし!阿部くんはめちゃくちゃ顔がいいのに、髪質がめちゃくちゃ悪い

 

notくせ毛民の皆さん、「くせ毛」と聞いてどんな髪を思い浮かべますか?ゆるふわなウェーブヘア?柔らかそうなほわほわの髪?もちろんそれも正解です。

しかし、世の中にはタチの悪いくせ毛が存在します。

 

謎にボリュームが出るんです。

なぜそこが?そのように?膨らんでしまう?

私も救いようのないくせ毛なんですけど、くせ毛の芸能人ってだいたいひーくんみたいにオシャレなくせなんですよ。阿部くんがくせ毛と発覚した時「こんなにカッコいい人でもえげつないくせ毛持ってるんだ?」って感動しました。親近感がすごい。ストパーもアイロンも阿部くんも私のズッ友だよ(?)。

 

何事にも真剣に取り組む阿部くんは試行錯誤を重ね、今はさらさらストレートヘアーというデフォルトを保っています。たまにふわふわのワッフルヘアーにもなりますが、それはそれで可愛い。

自分の容姿にあれこれ技巧を凝らすイケメンis最高。持ち点だけでも十分高いのに加点が止まらない。

 

②留まることを知らない向上心

私はだらしのない阿部くんを見たことがありません。正直ちょっと怖いくらい。

大学に行った、気象予報士の資格を取った、世界遺産検定を取った、念願のクイズ番組に出場した、大学院もしっかり2年で卒業した……

ここ数年阿部くんのスキルは止まることなく更新されています。大丈夫?技の所持枠すごくない?(?)

 

私だったら2コマ目(気象予報士)で絶対慢心してる。

「私、4%の女やねんっ☆」ってふんぞり返る。

 

独学で資格を取るってすごく大変なことじゃないですか。

私は典型的なゆるゆる文系大学生だったのですが、大学のあのフリーダムな環境で自分の欲しいものを目指して勉強していくって結構根気のいる作業だと思います。自分の専門外の世界遺産検定まで手を出していた阿部くんは余計に。

もちろん阿部くんは私よりずっと勉強する習慣が身についているだろうけれど、それでもやっぱり、並の根性で出来ることじゃないです。

「これを取ろう」「次はこれをやろう」「そしたらこんな仕事に繋がるかも」

こうやって未来を見据えてコツコツ努力できる、それをずっと継続できる阿部くんは本当にすごいです。見習わなきゃいけない。

…見習おう(反省)。

 

自分の反省になってしまいました。

そういえば、理系の知り合いに阿部くんの事を話したら「気象予報士ってそんな『売れたい!』とか『話題性欲しい』ってだけで取れるような資格じゃないよ?!やばっ!怖っ!!」と言われました。

うーん、やっぱり阿部くんはすごい。

 

③120%アイドル♡

阿部くんに対して「どうしてアイドルなんだろう?」と思う人はまだまだ多いです。

彼のスペックだったらアイドルじゃなくても、なんならアイドルじゃない方が順風満帆な人生を歩めるのでは?と。

本人も以前、「自分はアイドルに向いてない」と思った上で「向いてないことを続けるのも才能だ」と言っていました。

…いやいや、私はむしろめちゃくちゃアイドルだと思う。

 

阿部くんを好きになったばかりの頃、何より驚いたのは阿部くんのカメラへの執着でした。

見る。

とにかく見る。

ちょっとズレてた目線もしっかり合わせる。

 

動画を写真に撮るという行為がめちゃくちゃ苦手故に写真がないのが本当に悲しいのですが、とにかく阿部くんはカメラを見る人です。(「ZIG ZAG LOVE 少クラ」で検索!)

どんな時でもカメラの向こうの私たちの瞳をしっかり覗き込もうとしてくれる人です。(そういえば彼は昔「瞳フェチ」を自称していました。見つめあった目の奥に光を感じると一目惚れするそうです。素敵過ぎて星屑を撒き散らして倒れるかと思った)

そして笑顔が絶えない☆今日も今日とて可愛いぞ!

 

1番びっくりしたのがいつぞやの少クラ生放送で生電話に出演していた時の阿部くん。

大量のJrがNHKのセット裏に集合しており、自担を見つけるだけで一苦労だったこの企画。

私もたくさんのJrに埋もれながら笑っている阿部くんを必死で見ていました。

しかし、コーナーの中盤。みんなが大人しく生電話の内容を聞いている中、不穏な動きをしている人物が1人。

 

……なんか画面左に段差をよじ登ってる人がいる。

(※例によって写真がないです)

(*゚ヮ゚)うんしょ、うんしょ…

 一生懸命何らかの段差をよじ登って頭一つ飛びぬけた阿部くん。

(*゚ヮ゚)カメラだ…!(ぱぁぁぁっ)

 

うん、可愛い!

生電話の内容にも興味を持つべきだったかもしれないけど、ファンとしては嬉しすぎる行動でした。

見えてるよ!阿部くん!! 

 

そんな120%アイドルの阿部くんについて、ジャニヲタの友人に聞いてみました。

「……ちょっとtoo muchなんだよね」

 

too much ©️Vamp Bamboo Burn*2

人呼んで前へ前への阿部亮平…俺が俺がの阿部亮平

(*゚ヮ゚)麿っすか?!

 

阿部くんは藤四郎より蛍太郎くんの方が似合いそうですね。

(*゚ヮ゚)僕には爽やかさしかないっ…!!

(*゚ヮ゚)爽やかの玉ねぎでございますっ!

 

VBBの話はええんや。どっちみちサービス精神旺盛で可愛いことには変わらないんや。

 

③突然出てくる末っ子感

「末っ子感」とオブラートに包みましたが、彼、めちゃくちゃ自由人です。

阿部くんって真面目でにこやかで、コンサートでも爽やかにMCとかやってそうだなぁ、って思うじゃないですか。(私はそう思ってた)

 

~キントレMC~

(ひーくんのMCの立ち位置がいつもと違うって話してる他5人)

(*゚ヮ゚)「ねぇねぇ、そんなことどうでもいいんだけどさ、」

(-∀-)「どうでもいい?!?!」

 

(みんなのマイクの調子が悪くて、捌けたり戻ったりを繰り返すメンバー)

ε=ε=ε=(*゚ヮ゚)←マイク壊れてないのになぜか一緒に捌ける

 

(*゚ヮ゚)「ねぇねぇねぇ!」

(*゚ヮ゚)「なんか届いてた!」(ケンティーからの差し入れ)

('e')お前タイミング考えろよ?!←このピンチを一生懸命喋って繋いでいた深澤辰哉さん

(*゚ヮ゚)今かな?って!

 

す、すごいぞこの人……(オブラート)

差し入れの下りは結果的に見学に来ていたケンティーに話を振ることでその場を繋ぐきっかけになったのである意味正解だったし、「もしかしたら阿部くん、それを狙ったのかな?」とか考えられたのですが、この日じゃなくても基本的にSnowManの中にいる阿部くんは自分が話したいときに話したいことを話すスタイル。

(*゚ヮ゚)俺は今話したいんじゃ!

(*゚ヮ゚)てやんでぃっ!(※イメージ)

同期のふっかが阿部くんを甘やかさない理由がよくわかった夏でした。

 

最近単独のお仕事が増えて、テレビで話している阿部くんを見る機会が増えました。が、それだけ見ていたらこんな阿部くんには絶対気が付かないです。 

お兄さんだらけのSnowManに戻ってきたときだけの、特別な阿部くんなのかなぁと思えばこんな自分勝手な振る舞いも愛しくて仕方ありません。

クイズ番組のおすまし阿部くんとSnowManにいる時の末っ子阿部くんのギャップ、ぜひ一度ご確認ください。

 

④ファンのことが大好き

②とちょっと被るのですが、阿部くんのことを見ていると本当に「大事にされているなぁ」と思います。

これはどんなアイドルも同じなのですが、阿部くんは特に顕著に愛情を示してくれる人です。いつだって言葉で、笑顔で、態度で、「僕は君のことが大好きで大切なんだよ」「来てくれて嬉しい!」と伝えてくれます。

いっぱい笑って手を振ってくれる阿部くんのファンサが大好きです。自分に向けられてない時も幸せになれる(人様へのファンサを見るな)。

 

コンサートだけでなく「手紙って書いている人の時間ももらっているから」とファンレターも大事に読んでくれる阿部くん。なんと筆跡まで覚えてくれる阿部くん。彼から与えられる多幸感がすごい。

ずっとこんな調子で阿部くんに貰える幸せの量と私たちが阿部くんにあげられるものの量が全く比例してないんです。何かお返しがしたくてもそれを受けてさらに大きな幸せを返してくれるからオタクはなす術がない(無力・・・)。

お返しは出来ないから、せめて阿部くんの愛情に見合うファンになりたいなぁと常日頃思わせてくれます。(品行方正!団扇は胸の高さまで!銀テープは取り合わない! )

あと、ジュニア大賞「恋人にしたいJr」で好順位をプレゼントしたいですね。(オタクにできる唯一の贈り物)

 

 

まだまだ日の浅い阿部担ですが、阿部くんのことは何を思い出しても幸せな記憶しかありません。笑った記憶しかありません。

PONを見て記念すべき公演に立ち会えなかった悲しみが再びこみ上げましたが、大丈夫。阿部くんはまだまだたくさんの幸せをくれるはず!

社会人になってまたパワーアップするであろう阿部くんと、SnowManのこれからが楽しみで仕方ありません。

 まずは今日のSnowMan動画配信と明日のタイムショックから!

 

改めて、阿部亮平くん卒業おめでとうございます。

新しいあなたが踏み出した世界が、笑顔に溢れて幸せでありますように!絶対大丈夫!阿部くんだもん!!

 

ひゃー!歌舞伎行きたい!!!!(※東京全滅しました。待ってろよ名古屋!)

 

 締め方がわからなくなった(笑)阿部くんおめでとう!大好き!!

 

*1:WESTを見ているとメンバー全員が特定のメンバーを「イケメン」と称する文化に慣れてしまうけれど、あれってかなり特殊ですよね

*2:Vamp Bamboo Burnとは2016年の夏から秋にかけて上映されていた劇団新感線のミュージカルです。主演の生田斗真さんはもちろん、従者の蛍太郎役で出演していた神山智洋さんの好演っぷりも一見の価値あり。DVD好評発売中です。

お題スロットをくるくる。

 

教習所に通ってます。

 

あと数回乗ればおしまい、というタイミングで混み合う時期になってしまい、貴重な春休みを教習所でまるっと潰しています。

 

…暇。すっっごい暇。

50分過ぎればまた呼ばれるから家にも帰れないし朝から夜まで待合室のソファに座るしかない…!畜生…!

 

本読んだりゲームしたりTwitter回したりするのにも限界がありまして。やる事がないのでお題スロットを回しながらいろんなテーマでブログを書くことにしました。

と、いうわけでお付き合いいただける方はどうぞご覧下さい(笑)

 

 

マイブーム

…自炊?

4年間一人暮らしした割に自炊の習慣が身につかなかったのですが、年が明けてから家にいる時間も増えたのでいろいろ食材を買っては料理しています。

キャベツや玉ねぎを使いきれるようにあれこれレシピを考えるのは楽しいし、適当に「これとこれ混ぜれば美味しいのでは?」で本当に美味しいものが出来てしまうのが嬉しいところ。

 

あと野菜摂ると肌の調子がいいって改めて実感したのも自炊のおかげ。

野菜スープ1週間飲んだら肌綺麗になった。

 

 

ブログをはじめたきっかけ

Twitterを見ていて「ジャニオタってみんなはてブロやってるなぁ」と思ったから。流行りものに乗っかりたかった(笑)

 

割と文章書くのが好きで他にもいろんなサイトでブログ作ってたけど、こんなに続けてしかも定期的に書いてるのはこのブログだけです。

ブログきっかけでできたフォロワーさんがいたり、気持ちだけつらつら吐き出したブログに星がついて少しホッとしたり、始めて良かったなぁと思っています。

 

 

好きなビール

プレミアムモルツ!!!

大好きっ!

 

毎日飲むわけじゃないからちょっと高くても良いのです。一番搾りも大好き。

 

 f:id:hukaturdr:20180221145702j:image

ビールを飲む中間淳太さん

初めて飲んだ時は「こいつとだけは一生打ち解けられない…!」って思ったのに今はエンドレスビールでもいいや、くらいの気持ちで飲み会に挑んでます。これは成長…?

(脂っこいものとかお肉が好きな人はどこかでビールと和解する。絶対。)

オシャレな外国のビールも好きなんですが、味の違いがイマイチわかっていないので二の足を踏みがち。

前に飲んだ「ブルームーン」ってビールは美味しかった。(ちょうどMeseMoa.のライブの日に飲んだから名前に惹かれた。)

f:id:hukaturdr:20180221150239j:image

酒年齢2歳。オレンジを絞るだけで心ときめくお年頃。

 

 

 手帳

さほど書かないくせに手帳が好きです。

白い紙を真っ黒にするのってなんであんなに楽しいのだろう。

 

マス目が大きくて書きやすいタイプが好きです。ウィークリーはあまり使わないからその分メモ帳スペースが多いと嬉しい。

かさばるから遠ざけていたけれど来年からはロルバーンに戻そうかなぁと検討中。

 

ちょっとした贅沢

「ちょっとした贅沢」って言われるとご飯の事だと思ってしまうのは私だけでしょうか?!

ロケ地巡りを口実にちょっとお高いご飯を食べるのが大好きです。

先日は離島キッチンに行ってきました。(きりしげと同じ御膳食べたのに写真忘れた…)

 

あとはお母さんが上京ついでにご馳走してくれるご飯も贅沢ですね。

いつまでも甘えてちゃダメだけど。(しっかりしろ)

 

わたしの黒歴史

キラキラジャニヲタ気取ってた頃のブログじゃない?!(死)

今月のduet♡♡ヤバくない?!鼻血出るわ(鼻血噴いてる絵文字@アメブロ

みたいな(下手くそか)。記憶が消えてて文面が思い出せない。何書いてたっけ?

見よう見まねでやったものの滲み出る芋さが隠せなかったことは覚えてる。アイタタタ…(痛)

 

前略プロフとかよくわからんファンコミュニティとかいろいろやってたし参加してたけど全部どこに行ったんだろ…?

ブログもmixiもサイトも全部律儀に消してから立ち去ったみたいで何も残ってない(笑)

私の中だけに生きてる黒歴史…。

 

 おでん

おでんをご飯のおかずにするタイプなんですけど、皆さんどうですか?

小さい頃から当たり前のようにご飯のおかずとしておでんが出ていたのですが、おでんってお酒のつまみですよね。(最近の気づき)

ちなみに私の母親も実は「おでん=お酒のアテ」という認識だったので、「これはおかずになるのかなぁ」と思いながら作っていたらしい。では何故作った…?

 

おかずとして食べてたので海老団子とかつみれとか練り物系が好きです。お酒と食べるならがんもや厚揚げも良い。

 

朝ごはん

できることならおかずと主食でしっかり食べたい。そしてパンメインの洋食朝ごはんも白米中心の和食ご飯もどちらも捨てがたい。

ホテルビュッフェとかできればカレーも合わせて3回食べたい。和洋どちらも充実した朝食として食べたい…!(痩せる気がなさすぎる)

 

阿部くんがほっすののメイキングで「朝食はご飯派、休日はパン」(逆だっけ…?うろ覚えだから許して…)って答えてその面倒くささにブーイング喰らってたけどわかりみが深いと思った。

 

 

 

同じお題が出てきたのでここで終了ー!!

誰得か分からないけど割と楽しかった(笑)

 

肝心の車はまさかのまさかで1度も乗れないまま夜になったとさ!わはは!(笑えてない)

もう一度、関西担始めます。

 

今年も私は松竹に行く!!

 

 

 

正直もうやめようかな、と思っていた。

 

若くて、輝いていて、彼のこれからが楽しみだった自担が日本を飛び出し、あれこれSNSを始めて1ヶ月。もう関ジュを追いかけるのはやめようと思った。

私にはまだ自担が2人いる。それで十分だよ。お家のテレビでまいジャニ観て、雑誌読んで、関ジュはそれで満足できるんじゃないかな。

 

こんな風にもやもやと考えながら探していたリューンのチケット。

なんだか宙ぶらりんな気持ちだった。

 

 

 

一瞬だけまとくんに魅せられていた期間はあったけれど*1、私は大橋くんが大好きだ。

ふわふわした笑顔と話し方、身体の全てが自由自在に動いているかのようなダンス、雑にバッサリと切り進んでゆくB型丸出しのトーク、それらがあの可愛い可愛い見た目に閉じ込められているのがとんでもなく魅力的で、関ジュを見る時はいつだって大橋くんの姿も目に収めていた。

ただ、推すには可愛すぎるかなぁ、なんて思って「自担」と明言しないまま遠くから眺めていた。

 

 

関ジュが好きなのに足元がぐらついてしまっていた冬の私は、そんななんとも言えない位置づけにいた大橋くんを追うことでなんとか彼らについて行こうとした。

クリスマスもお正月も大阪には行かなかったけれど、友達が大橋くんの写真を私にくれた。私も今欲しいのは大橋くんだと思った。*2

ただなんとなく、心はスッキリしなかった。

 

 

どんなに大橋くんに意識を向けても気持ちが宙ぶらりんなまま、私の最初で最後のリューンは幕を開けた。

何にも予習できてなくて、パンフレットがあんなに大きい事も知らなくて、17:58に慌てて携帯の電源を落とすまでずっとずっと実感が無かった。

 

そして幕は上がる…

 

 

……。

 

…………。

 

 

え、リューン・ダイカッコいい。

 

 

1幕で十分だった。

私の知ってるふわふわでニコニコの大橋くんはどこにもいない。ステージには強い意志を持って歌い、剣を振るう1人の男の子がいた。

こんなの知らない。こんな大橋くん見たことない。

 

こんなに力強く歌えるんだ。

こんなに軽やかに剣を振るうんだ。

 

いや、歌えるように「なった」のかもしれない。

軽やかに動けるように「なった」のかもしれない

「リューン」という舞台が大橋くんをこんな風に成長させたのかもしれない。

私は今、とんでもないものを見ている。

大橋くんを見る度「きっと凄い人になる」って思っていた。よくわからないけれど、全ての人を惹きつけて離さないような、視線も喝采も一身に集められるような、そんな揺るぎない魅力を秘めている子なんじゃないかと、なんとなく思っていた。

そんな予感が形になって現れたのが、リューン・ダイだった。

 

ついにこの時が来てしまった…!みたいな。もう世界は大橋和也から目を離さないぞ…!みたいな。

大袈裟かもしれない。外野が何言ってんだと言われたらそれまで。ただ、外野だからこそ大橋くんにたくさん夢を見ていたから、ダイの歌声、身のこなし全てが嬉しくてたまらなかった。

 

もう絶対見逃すもんか。

この先の大橋くんから一瞬だって目を逸らすものか。

全部追いかける。

私、大橋担になる!

 

ただいま関ジュ担!1ヶ月で帰ってきたよ!

関ジュカレンダー楽しみぃ〜!松竹楽しみぃ〜!(春松竹行きたひ…)

 

リューンに行って本当によかった。

こんなにワクワクしたの久しぶり。

リューンに行けるまでの全てのご縁、懲りずに大橋くんのフォトセを買ってきてくれた友達、そして大橋くん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

それから、

 

丈くん。

 

今回大橋くんと共に挑むのが丈くんで本当に良かった。

インタビューを見る度、大橋くんを気にしながらミュージカルに挑むのは丈くんにとって凄く大変なんじゃないかなぁと思っていたけれど、そんな不安をぶっ飛ばすくらい丈くんはカッコよかった。

「自分自身から出るもので役を作ることができるんじゃないかと」思った大橋くんと、登場人物達に寄り添ってフローを理解しようとした丈くんのお芝居はやっぱり対照的で、真面目に丁寧に考えて作られたフロー像は、ダイとは全く違う輝きを持っていた。

 

そんな対照的な丈くんと一緒だったからこそ、大橋くんの演じるダイはあそこまで到達できたんじゃないかな、なんて。

 

 

私がリューンで見てしまったもうひとつの「とんでもないもの」は、丈くんと大橋くんが「かけがえのない2人」になる瞬間だった。

11日夜、最後の最後で丈くんに抱きついた大橋くんを見て、なんとなくそう思った。

 

自分の事をあまり語らず、着々とキャリアを重ねている丈くんをずっと孤高の存在のように思っていた。

そんな丈くんが今、ふたりになろうとしてる。

そして大橋くんの中でも、間違いなく丈くんが特別になってる。

これ、シンメの生まれる瞬間じゃないかな?

ひょっとして私、凄く暖かくて尊い瞬間を見ているんじゃないかな?

 

1回の舞台でここまで思った。

それくらいあのハグが印象的だった。

もしかしたら(いや多分…絶対?)大橋くんは自分が「ハグをしましょう!」って言ったから真っ先に丈くんで実践しただけかもしれないけど、それでもいいや。私はあの瞬間が忘れられない。

あのハグが尊い、って私が思ったから

2月11日は丈橋記念日

(急にふざけた)(書いてる間に我に返ってきてしまった)

 

ジャニーズの中で1番年が近い子が丈くんなので*3、「誰世代ですか?」って聞かれたら「丈くん世代です!」って答えたいくらい*4丈くんに親近感を抱いているから、余計に嬉しかった。その相手が大橋くんっていうのが尚更。

※朝田くんと大橋くんが向かい合って踊る瞬間が大好きだったのでちょっと切なくもなったけれど、同じくらい朝田くんと今江くんにもかけがえのない関係性を感じてしまったのでそれはそれ、これはこれ。2人がお互いのことを大好きなのは変わらないから寂しくない。

 

 

こんなものを見てしまったからにはもう逃げられない。

大橋くんを

丈橋を

funky8

全部全部見逃さない。

 

はじめまして皆さん。大橋担です。

よろしくお願い致します!

 

 

 

P.S.

東京公演終わってしまったけれど本当に楽しいからみんなリューン見てー!

私はマーナム先生が大好きだよ!(笑)

 

 

*1:まとくんに視線奪われちゃうのは夏の過ちというか、ね?←

*2:自分の担当の団扇はもう売り切れていたのに本当に申し訳なかった。

*3:4日違い

*4:早生まれって所まで一緒なの嬉しい。頑なに「丈リチャ世代」って思ってる。