つれづれログ。

いろいろ齧ってぜんぶおいしい。

私バリハピが好きだよ。

 

 

一体バリハピが何をしたんだ?

 

 

 

新曲が続々解禁して賛否両論溢れている今しか言うタイミングがないんです!

淳太くんもエゴサやめたみたいですし!!

 

私バリハピが好きだよ!!

 

 

 

まぁちょっと子供っぽいけど可愛いし、「1・2・3・4・go!」で始まる軽快なメロディーも嫌いじゃない。とっても楽しい。そして何より歌詞が素敵。こんなに軽やかに世界平和を歌う曲なんてなかなか無い。

 

PVに至ってはほれ!見ぃ!

f:id:hukaturdr:20170607190132j:image

 めっためたに可愛い花嫁さん写っとるやんけ!

 

 

なんか、あんまりファンに好かれてない気がする。

前からそう思ってたけど、新曲への戸惑いの声を見ていたらまた気になり始めてしまった。

バリハピの好き嫌いは個人の自由だけど、それとファンキーチキンは別の話だよ!!ラ/ッ/キ/ーさん振付ってだけだよ!!

 

っていうか振付だって可愛いじゃんよ!!

(なんだかんだ言ってみんななぅえすとでは踊ったんでしょ?)

 

 

何がいけないんだろう?みんな花嫁さん可愛すぎて怒っちゃった?

f:id:hukaturdr:20170613220638j:image

 

おじいちゃんは嫌?

 f:id:hukaturdr:20170613224009j:image

 

おばあちゃん姿似合いすぎてた?

 f:id:hukaturdr:20170613224021j:image

 

七三分け嫌?

f:id:hukaturdr:20170613215638j:image

 

ライフセーバー姿受け入れられなかった?

 f:id:hukaturdr:20170613220652j:image

 

ジャイアンだから?

f:id:hukaturdr:20170613215825j:image

 

…ちょっと厳つい?

f:id:hukaturdr:20170613215922j:image

 (※これらの画像は全て「メンバー名 バリハピ」で検索して拝借した画像です。)

 

自担的な話をするとメイキングカメラに向かって「俺めっちゃ頑張ってますよ!見て!!」って言ってる神山くんも、謎におばあちゃん姿が様になってる淳太くんも最高に可愛くて大好きです。

ついでになぅえすとの時はJrも楽しそうに踊っててもっと好きです。

濵ちゃんの「せーのっ!」 に合わせて『1・2・3・4 Go!!!!』って叫ぶの、ラキセの時から大好きです。

 

 

バリハピ……楽しいじゃんよ………

 

 

 

メドレーに組み込まれれば「シングル曲なのに情けねぇwww」 と笑われ、フルでやれば「なんでバリハピ如きに長い時間を…」と怒られ、あっちでもこっちでも袋叩きのバリハピが不憫で仕方ないです。

 

 

 

あ、あれか?

 

衣装がリーズナブルに見えて嫌なのか?

 

 

ちゃんと私服として機能してるだけ良いじゃないですか!!

(J〇MPとか2周年3周年の頃どんな衣装だったと思ってんだ?!)

 

 

みんなの手のひらはバリハピを傷つけるためにあるんじゃないんだよぉ……

 

 

事の発端になったアイアイの方は何回も放送するうちに割と受け入れられてるから余計に解せぬ。

バリハピ担だったわけでもないのにこんなにバリハピのこと考えてる自分も解せぬ。

 

しかもバリハピの画像とかいろいろ調べてた時に見つけたんですけど、

f:id:hukaturdr:20170616101634j:image

「怖い」って何?!

 

なんか写ってたか?!フォローできないほどの事故画でもあったか?!

携帯・スマホ握りしめていつも一人ぼっちの子を気にかけてるパリピのお兄ちゃん怖かったか?!それはちょっと怖いかもしれない!!

 

 

なんでこんなに嫌われちゃったの?

バリハピフラゲした人だけ限定的に嫌がらせに遭う怪奇現象でもあったの?*1

 

 

 

ちょっとネットでググれば「怖い」だのなんだの、Twitter覗けば嫌だのなんだの、こんなにマイナスなコメント出てくるのに「なぅえすとではバリハピ フルでやったるねん☆」ってなった淳太くん好戦的過ぎない?!やだカッコいい大好き!!!

エゴサ使ってまで好戦的って……。

 

 

 

すいません。冒頭の「一体バリハピが何をしたんだ?」以外言いたいことは特にないので終わりが見えません。

ただあまりにも「好かれてないな〜」と思ったのでブログ書いちゃいました。

 

何考えて何発信するかはお互いに自由なので、本当、気にしないでください。←

 

ただ機会があればまた楽しそうに70億のマルになってるメンバーと関ジュちゃんが見たいです。

 

*1:私はバリハピ発売後にWESTにハマったので発売当初にあったことはちょっとわかりません。(なんも無いと思うけど。)

記憶と勢いで書き残すNEVERLAND感想

 

と、いうわけで第2弾。

今回は本当にテンションだけで書きます。

盛り上がった勢いのまま最後まで転げ落ちたから、感想も曲順無視して思いつくままに転がります。

 

まずはソロコーナーから。

・あやめ

加藤さんのソロはたくさんの人が語彙を尽くしてレポしてると思います。

本当に綺麗でした。

 

細部までこだわり抜かれている加藤さんのソロは毎度「浅知恵では見られないな」 と思わされます。*1

今回は特に歌詞から曲調に至るまで加藤さんの表現したいものをグッと詰め込んだソロ曲なので、コンサートの演出もそれはそれは壮大でした。

 

加藤さんというと思慮深くて明暗でいえば暗い方のイメージがあったのですが、実は言葉の力や平和を信じてる、すごく朗らかな思考の人ですよね。

冒頭の「何もわからない」というような無垢な表情が、そんな加藤さんの思考を表している気がしました。

Neverlandという理想郷にかかる平和の虹を駆け登る純粋な青年……なんだか神話の英雄みたいですね。

 

……なんだか「変なこと言えないな」って思っちゃって書けない!!

こんな事書いてる一方で「あそこは何かの暗喩なのかな?」とか「あれは何かのオマージュ…?」とか探り探りしてしまう自分がいるんですよね。

畜生!!勉強するぞ!!!

 

・ニャン太

小山さんのソロは前回のブログにも書いたので割愛。

 

アレコレ言ったところでやっぱり重いししんどいけど、良いソロでした。

何度も思い出すにはまだ辛かったと思います。本当にお疲れ様でした。

 

・FOREVER MINE

この曲に限らずですが、今回の増田さんの声が特別甘かった気がしたのは私だけですか?

 

火や水の演出に目を奪われてばっかりだった中で、突如現れたと思ったらひたすらに愛を歌う増田さん。心惹かれないわけが無い。

 

不倫の歌だよって散々言われていたけど、初めて聞いた時から多幸感しか得られなかった。そんな曲をあんなシンプルな、何も飾り立てないセットで歌われちゃったらそりゃ幸せでしょ?!

「そっか、共に堕ちてゆきましょう」って安易に増田さんの手取っちゃうでしょ?!

ずるいなぁ…カッコいいなぁ…。

 

・I'm coming

手越さんカッコいい。

 

手越さんめっちゃカッコいい。本当にカッコいい。I'm comingめっちゃカッコいい。

 

淳太くん然り髙木くん然り、官能的な世界に身を投じるアイドルって本当に素敵ですよね。

手越さんのソロもまさしくそれです。

 

お恥ずかしいことに私は『“I'm coming”という言葉を聴いて「あ………」ってならないお嬢ちゃん』だったので最初は歌詞見てびっくりしたんですが、ロックならよくある表現ですし、手越さん好きそうだな、と。

またバンド背負ってガンガンに歌い上げるのかな〜と思って構えていました。

 

………が

 

今までのシンプルさと打って変わって、まさかのアイドルパフォーマンス。

しかも顔も声も強い。

すっっごく好き!!

 

やっぱり手越さんはカッコいいなぁ〜。

I'm comingはわからなかったけど、もうそこまで若いお嬢さんでもなかったので「やられたわ〜」「そう来たか〜」とよく分からない反応をしてしまいましたが、めっちゃカッコよかったです!!

 

 

 

…なんかそれぞれに違うニュアンスで「カッコいい」を連発してしまいました。

でも今回本当にみんな素敵なソロだったんです。なんだか、4人のやりたかった事が今まで以上に明確に出ていたような。

 

ステージに自分の理想の世界を創り出した加藤さん。ジャニーズらしい、ファンが間違いなく盛り上がる、セットを駆使した演出で魅せてきた手越さん。

自分の思い出という唯一無二の題材だけを味方に、生身の状態で挑んできた小山さん。余計なものを削ぎ落として、自分の歌声だけで観客を魅了した増田さん。

 

今までの「この人と言ったらコレ!」みたいなお約束が無くなって、新鮮な気持ちで見ることが出来た気がします。

 

 

 

さてさて、お次は印象に残ってる曲や演出をチラホラ。

 

 やっぱり一番はBYAKUYAですかね!

何より先に「やるんかい!!」って。←

 

最近那須くんの「BYAKUYA…」に慣れきってたのもあってNEWSのお兄さんめっちゃ怖かった!!

「これがBYAKUYAじゃ!!」って気迫がすごい。そうです。これこそBYAKUYAです。

 

とにかく豪華。

この曲は綺麗な顔の人が、お金のかかっているド派手な演出をバックに歌う曲なんだよ。それだけの価値がある曲なんだよって脳細胞に直接訴えられました。

 

続いてBlack fire

まず寝たまま歌ってるとは思えない手越さんの声量に引くじゃないですか。

 

その後の加藤さんがカッコよすぎてもっともっと引くじゃないですか。

「い、ま、燃、や、せ」に合わせてマルチアングルで加藤さんの顔写して欲しい。炎を操る加藤さんめちゃくちゃカッコいいから全力で映像に残してほしい。JEさんに言ってるんだよ、聞こえてますか?

 

みんな手振り上げてたし、私も出来ることならヘドバンしたいくらいの気分だったからステージの皆さんはあんまり見えてませんでした。が、時折モニターに抜かれるメンバーがカッコいいのなんの…。

 

ポコポンペコーリャ

突如めったんこに可愛いNEWSさんが出てきたもんだから混乱がすごい。

 

NEWSはポコポンをファンとのお遊びに使う演出が好きですね。私も楽しいから大好き(笑)

NEWSが寝ちゃった!起こしてあげて!!って初期のおじゃんぷちゃんかな?!

今のNEWSにこれが似合うのはコンサートの世界観がしっかりしていたからこそですね。

 

ただこんなに終盤で来ると思わなかった。

まさかのラスト2曲。

 

 

あと今回すごく好きだったのがJrの使い方

East areaの大騒ぎ曲然り、weeeeek然り、ふとメインステージに目を向けた時のJrが可愛い!!!

今回は顔が見えやすかったので余計に愛着が湧いてしまいました。

 

外周パレードの時の風船持ってる姿とか、最後に汽車に乗って手振ってるみんなとか、とっても可愛い。NEWSも見たいけどJrのみんなも見たかったので目が忙しかった…。

 

 

そしてU R not alone

「絶対歌うよね」と話してたので歌詞を覚えて参戦しました。

が、まさかあんなに躍起になって歌うとは思わなんだ……。

 

あんな辛そうに叫びながら歌って欲しくないから、笑って歌ってほしいから、「まだ足りないか!これでどうだ!!」って声を張り上げてました。(もはや自分の声は聞こえなかったけど音程が酷かった気がする)

 

オーラスにしか入らなかったので、正直詳しいことはわからないですけど、今回はいろんな事があり過ぎましたよね。

なんか、それでしんどかったとか、辛かったとか、それで泣いてたとしたらすごい嫌で。

「ここには貴方を好きな人しかいないんだよ、ほら笑って笑って」って。

最後はもう意地だった。

 

だからダブルアンコールで小山さんが泣きながら笑ってた時、あー良かったって安心しました。

(叫んで歌って改めて気づいたんですけど、本当にいい歌ですね)

 

 

 

 

アンコールが終わって、最後に拍手に包まれた会場を見て、なんか全部物語だったんじゃないかと思いました。 

 

アンコールなのにそこまでコンサートの大筋に組み込まれてました、なんて聞いたことないですよ?!

あれはもう、1つの作品なんじゃないでしょうか。

 

これは私の独り言に過ぎないし、そんな訳ないけれど、いろいろあったことも、それを受けてファンがあれこれNEWSにアプローチしたのも、ダブルアンコールで自発的に始まった合唱も、全部全部誰かが書いた物語に思えてしまいました。

 

それくらい、私が今まで経験した事のないコンサートでした。

 

 

 

 

…たくさん書いちゃったよ!!

今回楽曲レビューをやらなかったので*2曲に対するイメージも一緒に書いてたらソロ曲が結構な幅を取ってしまった!!

 

NEWSのコンサートって最後の感動が大き過ぎてそっちに記憶が持っていかれがちなんですけど、そういう「エモさ」を抜きにしても充分楽しいんですよ。

今回も単なるNEWSとファンの絆の話だけじゃなくて、ちゃんと思い出すと内容とか演出が素晴らしいコンサートだったんです。

 

自分の好きな曲がほとんど外周で使われていたのでこの記事では省略しましたが、好きな曲がたくさん入っていて個人的に大満足のセトリでした。

繋ぎの映像も素敵だったし、「NEVERLAND」というテーマを最大限活かした、NEWSだからこそできるコンサートだったと思います。

 

 

 

それではこの辺で!!

 

円盤待ってるぞ!!(大声)

また何か思い出したらTwitterにポツポツ落としましょう…!

*1:今頃ライナーノーツ読み直して気が遠くなってます。面白いよこの方の思考……。

*2:QUARTETTOのレビューが不完全燃焼だったのでリベンジしたかった…

水の世界を何度でも。〜NEVERLAND感想〜

 (※オーラス一発参戦なのでうろ覚えの場所もたくさんあります。)

 

 

一年ぶりのNEWSコンに行ってきました。

去年は外野の気分だったけれど、今回はちゃんと小山担として行ってきました。

 

 

 去年も凄かったし、めちゃくちゃ楽しかったんだけど今回は本当に!本っっっっっ当に楽しかった!!!

こんなに素敵なコンサートあるの?ってくらい作品として美しいコンサートだった!!

 

 

D.T.FとかSnow Danceとか、個人的に好きな曲をたくさんやってくれたのも嬉しかったし、演出も衣装も大好きだし、何より今回はJrのみんなが大好きになりました。すっごく可愛いしカッコいいよ!!!(今年は気になりつつも行かなかったMADE公演に来年は行きたいと思います。)

NEWS見たいんだけどJrの子も気になる。演出も勿体ないから全部見たい!!って終始目が忙しかったです。

 

 

 

そして何より大好きだったEast gate。

 

賛否が分かれたけれど、ニャン太を初めて聴いた時私は「あ、思ってたよりずっといいな、」と思いました。*1

想像よりずっと爽やかなメロディーに、飾り気のない歌詞。最初に想像したものよりはるかに馴染みやすい曲でした。

 

だからといってネバーランドで聴くにはあまりにも現実的なこの曲を、どんな風にセトリに組み込むのかな?

いろいろな意見がある中で、どんな演出でこの曲を魅せるのかな?

touchで慶ちゃんが見えなくなった瞬間、ちょっと身構えていました。

 

 

ゲートが開いて、小山さんが出てきて、モニターに映ったのはニャン太と小山さんの写真。

「あ、マズい」と思ってタオルを構えました。

泣いてしまう。ニャン太が、とか小山さんがどう、とかじゃなくて、純粋に泣いてしまう。

 

 

結局会場の私達より先に泣き出してしまったのは小山さんの方で、小山さんが泣くからみんなも泣いちゃって、こんなにみんな辛いのにどうして歌うんだろう?どうして聞くんだろう?って少しだけしんどくなりました。(加藤さんのライナーノーツをちゃんと読んでから参戦すれば良かったな、って今後悔してます。)

 

 

でも、こうやって大切な思い出を私たちに見せてくれて本当にありがとう。

 

私は「たまに思い出してみんなで笑いながら話すのが最高の弔いなんだよ」という考え方が好きなんですが、ニャン太はまさにそれなのかな?って思います。

自分の大好きなニャン太の思い出を私たちにも分けてくれて、みんなで共有する。それが小山さんなりの弔いだったのかな?と。

 

笑いながら話すにはちょっと早かったね。

 

 

歌い終わった小山さんに「慶ちゃん」と呼びかける男性がいました。

私も歌いきった小山さんにお疲れ様って、頑張れって伝えたくて、泣きすぎて変になった声で「慶ちゃん」って叫んでました。

決して楽しい曲ではなかったけど、素敵なソロだったと思います。

 

 

 

………が、しかし。

私の好きなEast gateはここからです。

 

 

ニャン太からの恋を知らない君へ、フルスイングまで歌いきってしんみりとしていた会場を盛り上げたのは恋のABO。

「ABOからの〜ABC!」で始まるサマラバ。

そして夏だよ!NYAROだよ!!!

 

 

どれもこれも小山さんが最高にカッコいい曲です。

会場が小山さんの思うままに盛り上がる曲です。

 

自分の創り出した涙の世界を、見るだけでワクワクするような夏の海に変えてしまう。自分だけができる煽りで会場全部を笑顔に塗り替えてく小山さんはまさに水のElements。

East gateは小山さんだけが司れる世界でした。

 

本当にカッコいい!!もう慶ちゃん大好き!!!

 

 

 

まだまだ書きたいこといっぱいあるんですけど、East gateだけはいつもみたいにテンションに任せたブログにしたくなかったので別で書きました。

とりあえず忘れないうちにこの記事だけ。

思ったよりずっとずっと小山さんの事が好きだった私のNeverland感想でした!

 

まだまだ書くよ!残しておきたいことがたくさんあるんです!!

*1:どちらかと言うとこの曲のライナーノーツで語られたシゲアキさんの話の方が印象に残ってます。そうか、あの人にとって死とはまだファンタジーなんだ、と。

一緒に夢見るって楽しいんだ。

 

少し出遅れてしまいましたが、株式会社DD設立おめでとうございます。

 

 

初めて入っためせもあ。のホールツアーであんな発表を目の当たりに出来るなんて思いませんでした。

過去のブログの通り、私は壮大なアイドルドリームを叶えてゆくメンバーの皆さんが大好きです。

今後も私の想像なんか易々と超えて、全速力で駆け抜けてゆくめせもあ。さんにしっかりとついて行きます。

 

 

やっぱりめせもあさんはすごい!!

「仕事を辞めたら会社ができてました」って何気なく言われてこっちも笑っちゃったけど物凄いことじゃないですか?!

何度だって思い返すけれどこの人たちの始まりは「アイドル気取りで何が悪い!」だったんですよ?

 

保育園児時代のあややとミニモニに始まり、ジャニーズの様々なグループを応援してきましたが、あまりにもアイドル見過ぎて「あー、私がマイク持って歌ったら…」なんて思ったことが度々あったんですよ。

(なんなら未だにペンライトの海から自分のカラーとか団扇探す想像とかするんですよ!!)

でもそれって所詮想像、妄想の世界じゃないですか。無理って思った上でついつい想像しちゃう事じゃないですか。

特に好きなことを仕事にする事に抵抗がある私からしたら夢物語以外の何物でもないんですよ。

 

なのにめせもあ。さんはそれを叶えてしまった。

 

 

ここまでの歩みのほんの一部しか知らなくても、やっぱりそれはすごい事だと思います。

白服さんは武道館の夢を「笑われちゃうかもしれない」って言っていたけれど、自信を持って「そんな事ない!!」って首を横に触れる。

その位彼らの歩みは奇跡みたいな本当の話なんです。

 

素敵な奇跡をありがとう!最高にワクワクする物語を一緒に見せてくれて本当にありがとう!!まだまだ期待させてくれてありがとう!!!!

NHKホール埋めよう!武道館行こう!もっともっと大きな所に行こう!

 

 

 

私は大きな会場で夢を叶えた人たちを見ています↓

hukaturdr.hatenablog.com

 

この記事を書いた時はまだ中間担ではなかったのですが、「あんな事やこんなも事やりたい!」って温め続けてきたアイデア横浜アリーナいっぱいに広げている淳太くんは愛しくて堪らなかったです。

 

そしてこの一年後、ずっと念願だったドーム公演で、濵ちゃんがファンに向かって「俺らの夢にようこそ!」って叫んだ瞬間は身震いが止まりませんでした。

 

期待させてくれて、その期待を超えてくる人って本当に愛しいんです。「応援してて良かった」って思えるんです。

めせもあ。さんはそう思わせてくれるグループだって確信してます。

 

WESTで感じたあの感動をめせもあ。でも感じたい!!

みんなのやってみたい事全部叶えたい!

 

ついでに私の密かな野望も叶えたい!!!↓

 

 

私少クラの番協当たったことないから!めせもあ。さんが私をNHKホールに連れてって!!!←

 

 

これだからアイドルのファンはやめられない!

株式会社DDの、そしてMeseMoa.の輝かしい未来を願います。
私たちイルミィだもんな!私たちが光なんだもんな!!導いてやんよ!!←?

 

あー!イルミィになって良かった!!!

 

みんなMeseMoa.見においでー!!

 

「Shadow Kiss」をみんなに見て欲しいんだ、って話。

 

\ ウーーーーーッッ  ヨッシャーイクゾー!! /

 

お久しぶりです。男一揆の方も書くとか言って全然書けませんでした。*1

 

24魂発売決まってルンルンしてたと思ったら予約も取れない世の中になっててビックリのふうかです。

普段は書かないけどあのコンサートはDVD見つつ振り返りブログでも書きたいですね。*2

 

 

 

さて、めせもあ。さんの新曲MVが2曲分アップされました。

1曲目はこちらの「ラブチア」


【MeseMoa.】ラブチア【1st album】

可愛い。いつも通りのワチャワチャめせもあ。

でもちゃんと学校で撮ってるしドラマっぽい描写が入ってたりして楽しいし、むすめん。の時の可愛いMVとはまた一味違いますね。

学ランを着て学校にいる図が想像以上に自然で驚きました。*3

メンバーの名前コールするの絶対楽しいからライブで噛まないようにちゃんと覚えないとですね。

 

衣装もチアガールとか学校をイメージしてメンバーカラーのセーラー風コスチュームになってます。

私がもうちょっと若かったらカラーセーラー着てチェキ会に走ったんですけどね。←?!

 

 

で、2曲目がこちら。「Shadow Kiss」


【MeseMoa.】Shadow Kiss【1st album】

(※同性愛の描写が苦手な人はお気をつけください)

 

これが本題だ。

 

こんな言い方良くないし偏見は持って欲しくないんですけど、やったらめったらチューしてます。

私はどちらかと言えばこういう絡みに抵抗がないタイプなのですが、想像以上に内容も回数もガッツリしていたので*4最初に観た時は口を覆いました。

「1回だけスッとさり気なくキスする程度だと思ってたのになんて事だ…?!」が最初の正直な感想です。

 

ただ、今回のキスシーンはあくまで演出として取り入れられたもの。

 

MV公開と合わせてモデルプレスさんが掲載してくださったインタビューを読むと、メンバー同士のキスを「芸術的に撮影する」のが今回の目的だったことが書かれています。

https://twitter.com/modelpress/status/852463876125802496

確かに一つ一つのキスシーンは何かストーリーがある訳ではなく、本当にただただ耽美な演出として使われています。

いわゆるボーイズラブ的な層を狙ったわけでも、何かイヤラシイ映像にしようと思ったわけでも無さそうなMVです。

 

 

………何でこんなに御託を並べているかと言うと、

 

 

このMV、とみたんの自信作なんです。

 

 

ほんの数年前まで一般人だった男性がこんなMV撮るって言われて、どう思ったんだろう?

いやらしさは薄いとは言ったけれど、やっぱりキスはキスだし、当然これを見てテンションが上がる人も下がる人も一定数いるだろうし、もしかしたらこの映像で嫌いになっちゃう人がいるかもしれない。

 

振り絞った勇気に見合わない結果になるかもしれない。

 

 

それこそ公式やメンバーの皆さんは公開前にTwitterで散々注意喚起をして、公開後はファンへのフォローを欠かしませんでした。

 

そこに浮上したとみたんの言葉が、上のツイートです。

 

 

本当にね、カッコいいんですよ。

 

こういう雰囲気が似合う人だってずっと思ってたから、今回の表題曲でこういう曲調が出るってわかった時すごく楽しみだったんです。

やっと公開されて、ここまで刺激が強いものが来ると思ってなくて最初こそビックリしたけれど、切ない表情とかキスに付随した所作とか、やっぱりカッコよかったんです。

 

 

とみたんがこのMVに自信を持っているなら、みんなに見てほしいって思うなら、私達もたくさん広めなきゃ!って思うんですよ。

 

 

これをめせもあ。用じゃないアカウントで拡散しようとした時すごく悩みました。

そんなに発言力のあるアカウントじゃないとはいえ、誰かが気になって開いた時にサムネに映るのは、男性同士のキスシーン。

 

なんて思われるかな?やめとこうかな?

でもとみたんが見て欲しいって言ってるな……。

 

こんなに悶々としたくない!

綺麗なキスシーンだぞ!芸術作品だ!!

なんならチアの方も合わせて見れば大したことは無い!!

っていうか「とみたんがカッコいい」って事実が広まって欲しい!!!

 

よし!ブログ書くぞ私!!!!

 

 

と、言うわけで。

衝動のままに携帯でポチポチ書きました。(アプリだと引用がめんどくさいですね。)

何のステマにもなってないし、結局なんだかよくわからないですが、もし良かったら皆さんご覧下さい。

とみたんとみたん言ってますけど本当にみんなカッコいいです。

 

ついでにチアも見てください。

こっちはひたすら可愛い。この時期にピッタリの曲です。高校卒業したばかりのあおいくんの初々しい姿をぜひお納めください!

ちなみにこの曲は二推し*5の二番くんがとっても可愛いですd('∀'*)

 

 

どうぞMeseMoa.1stアルバム「secret」をよろしくお願いします!!

 

以上!CD付きのイベントチケットが取れなくて顔面蒼白のふうかでした!!

(ホールツアー前に全曲覚えられるかな?!)

 

*1:melody lineとかあっすーのオツキミリサイタルとかlamb.生で見られたとかいろいろ書きたかった

*2:最近WESTさんの事文章で書いてないのでこれは絶対書きたい。

*3:流石にノッくんは無理があったけど…

*4:本当に下品な書き方で申し訳ないです

*5:二推しって言い方嫌なんですけど、何かうまい言い方ありますかね?

キンブレ一本を携えて踊り手イベントに挑んだ話。

 

四月最初の土曜日。

薄桃色のセーターを着て、しっかりピンクのアイシャドウを入れて、万全の態勢で江戸川区へと向かいました。 

 

さぁ!今日は女(?)一揆だよ!!

 

~女(?)一揆って?~

ニコニコ動画を中心に人気を博す男性踊り手たちの祭典「男一揆」の派生企画。

一揆出演者の親族ご友人(という体の女装)が出演され、様々な踊ってみたを披露してくれる少々クレイジーなイベントである。

 

ニコニコ動画なんて嗜む程度にしか見ていなかった私がこんなイベントに参戦したのは他でもない、彼女のためです。

 

 

f:id:hukaturdr:20170403162038j:image

 

とみたけい子ちゃん。

 

高身長巨乳、元FBIのミステリアスガール*1。このイベントのためにNYから飛んできてくれた私のプリンセスけい子ちゃん。

私の推しドルとみたけくんのお知り合いです。

 

 

けい子ちゃん、めっちゃ可愛くないですか!?

とみたんそっくりの笑い方。「自分が世界で一番綺麗!」という自信に満ち溢れた勝気なオーラ。なんてカッコいいんだ!!

(余談過ぎるけど、けい子ちゃんにはアカシックを歌ってほしい。)


アカシック「愛×Happy×クレイジー」

 

初めて見た時から勇ましくて可愛いけい子ちゃんが大好きです。(はじめはこんなに可愛いギャルだったんだよ・・・)

 f:id:hukaturdr:20170404140641j:image

 

 

「この先もとみたんに会うチャンスはあるけど、けい子ちゃんは次いつ会えるのかわからない!!!」

一度は就活を理由に諦めようとしていたものの、やっぱり見たい!とローチケに飛び込みました。めせもあ。ハマって最初の現場が女(?)一揆だなんて誰が思った?

 

しかも今回の女(?)一揆では出演者・スタッフによる投票でMVPが決まるとのこと。

先に開催されていた大阪公演ではけい子ちゃんの順位は三位。

とみたんのTwitterを通じて、嫉妬に怒り狂うけい子ちゃんの姿が確認できました。

 

チケット取って良かった。怒りのままに暴れながらも自信を失わないけい子ちゃんに向かって「そうだ!けい子ちゃんは世界で一番可愛いぞー!」って気持ちをこめて桃色のペンライトを振らなくては。

 

 たま~に参加する声優のイベントでしか使っていなかったキンブレを手に一人で向かった江戸川区総合文化センター。

若くて元気な女の子たちに混じって会場入りし、後ろの方の右端にひっそり着席。(みんなお友達同士でキャッキャしてたから端っこで本当に良かった。)

イベント開始直前の空気感にやられて一人でニヤニヤしてる私は多分変な人だったと思います。(本当に端っこで良かった)(ついでに隣の席空席で良かった)

 

 

五分程度遅れて幕が開き、音楽と共に始まったのは、出演者のランウェイ。

みんな可愛い。

「ヅラを被った○○くん」という点が重要なジャニーズの女装と違ってみんなガチの女の子。お洋服もメイクに使うカラーも、それぞれのキャラに合わせて選ばれていました。(ついでに設定も細かい)

 

けい子ちゃんは本日も気合のピンヒール(えっぐい高さだった)。バランスを崩すこともなくツカツカとセンターに現れ、勝気な目で客席を見わたした後、バチコーン!とウインクを決めて去ってゆきました。

この時点で私大歓喜

双眼鏡覗きたいのかキンブレ振りたいのか自分でもわかんない。

だってあんな格好(最初の画像参照)でルカルカ★ナイトフィーバー踊るんだよ?!

最初っから最後までお前しか見てないわ!!!

 

ビジュアルから細かい表情に至るまで、想像通りのけい子ちゃんだったのが嬉しくて嬉しくて。

周りも興奮してるのをいいことに、一人で「けい子ー!可愛いー!!」と連呼していました。(本っっっ当に一人でよかった)

 

 

踊ってみた自体には本当に疎くて、最近めせもあ。さんが踊った曲を中心にお勉強中なのですが、そんな私でも知ってる曲がたくさん。

「この振り可愛いなー」って思ってた曲を可愛い女の子(?)が踊ってるのはかなり眼福。けい子ちゃんがいない時はまた別の可愛い子を探して双眼鏡でロックオンしてました。(そういうヲタクです。)

 

 

期待と想像以上に楽しんであっという間に2時間弱。

結果発表になってしまいました。

 

 

けい子ちゃんは2位でMVPこそ逃してしまったものの、ベストドレッサー賞を受賞。感動してウルウルするけい子ちゃんに拍手と声援、そしてピンクに染まった会場を贈ることができて本当に幸せでした。*2

(よくよく考えたら企画・投票・集計に至るまですべて運営側と出演者しか関与できなくて我々は見ているだけ、ってすごいイベントだな。声援を送るしかできないヲタクの無力感を凝縮したような仕組みだ。にも関わらず「MVP取れなかったら皆殺しにするわよ♡」って客席に言い放ったけい子ちゃんはマジでクレイジーガール。愛しい、推せる)

 

 

予想外の多幸感に包まれて会場を出た私はフォロワーさんとの待ち合わせ場所に向かいました。

最近ずっと固定の友達(先輩)と参戦していたのでこういうTwitterを介した交流も久しぶりです。

 

「初めまして」「初イベントどうだった?」などの挨拶が一通り終わったところでフォロワーさんが一言。

「2部入らないの?」

 

・・・。

 

何で気づいたんだ。

 

一部終わって「あ、これで終わりか」って物足りなくなっていた私の気持ちを!!!

 

ちなみに二部こそ正式な男一揆なので、会場にいる皆さんにとって本番は二部。

一部をメインに意気揚々と参加している私は明らかな少数派なのでした。

 

二部も入りたい気持ちが高まっている旨を話してみると、「絶対行った方が良い!!」と言ってチケットを探し始めてくれました。(初対面のフォロワーさんとそのご友人まで巻き込んで何をやってるんだ私は)

 

Twitterで検索を掛けてみるものの、既に終了している取引がほとんど。

「手売り来れば良かったね~」って言われたけど手売りって・・・なんすかそのシステム*3

 

 

もうネットで探しても仕方ない!と運営側に空席が無いか尋ねに行ってみると、

 

「当日券売り場」

 

 

 

 

 

・・・買えるんかい。

 

 

と、いう訳で二部まで入ってきました☆

 

(まさかの続く)

*1:設定過多でツッコミが間に合わない

*2:会場全体が親衛隊かの様にキンブレをピンクにしてました。愛されけい子ちゃん。

*3:あるのは知ってたけどジャニヲタには理解も想像もできないイベントでした

イルミィになったジャニヲタの1ヶ月

 

 衝撃の出会いを大げさに書きたくて3日くらいかけたら思いが爆発してなんだかよくわからないタイトルのついてしまった前記事。→アイドルドリームを叶える人たちに魅せられちゃったジャニヲタのお話。 - つれづれログ。

 しかし私は懲りずに続編を書きます。

 

 

 今まで知らなかったものにハマった時って楽しいですよね。

 MeseMoa.はジャニーズ(と若干の声優)にしか触れてきていない私にたった1ヶ月でたくさんのカルチャーショックをもたらしました。

 

 

 まず驚いたのがSNS

 

  Twitterを利用している芸能人なんてたくさんいらっしゃいますよね。私もそれはわかっています。だから最初は特になんとも思いませんでした。

  でもね?

  アイドルの日常が垂れ流しになってるってよくよく考えたら凄くないですか?

 

  Twitterを見ればメンバーが今誰と何をしているのかが大体わかる。*1

   挙句の果てにはツイキャスを使って1人カラオケを覗かせてくれる!!

 

   ……だ、大丈夫………?(大丈夫。)

 

   ダイレクトに届く生の日常に、いろんな意味でドキドキしながらTLをチェックしています。

 

  しかもリプを辿ってみると彼らの交友関係の中に私でも知ってる歌い手さんやボカロPの方々が出てくる出てくる……。

  (うらたんさかたん!!懐かしいっ!!)

 (坂田さん大好きなんです。坂田さんの歌う西沢さんPが大好物なんです。)(余談ですがりぶさんも大好き)

  先日はとみたんがkoma’nさんとリプのやり取りをしていました。無鉄砲ボーイ…!!。+.゚.( °∀°)゚+.゚。

  こんな所でWESTに繋がってしまう。世間って狭いなぁ(笑)

  ニコニコ発なだけあって、楽曲提供がボカロPの皆さんなんですね。

  主な楽曲を制作していらっしゃるhalyosyさん(「桜ノ雨」など)をはじめ、中学生の時にちょこっと歌ってみたを齧った程度の私でも見たことのあるお名前がたくさん。

   ニコニコすごい!人脈ってすごい!!(何がどの位すごいのかわかってないからどんな風に感動したらよいのかすらわからない)と、アルバムの作曲者欄を見ていると、もう1つ見慣れたお名前が。

   …takamattさんが楽曲提供してる!*2

 

  〜余談入ります〜

  皆さんツキウタ。をご存知でしょうか?

  アイドルとして日々頑張っている12人の男の子たちを取り上げたネットコンテンツ……アニメ………ん……?

  ちょっとこの説明じゃわかりにくいので公式サイト貼っておきます。↓

   ツキウタ。

 

  毎月1人ずつ楽曲が発売され、それらを作っているのもそれぞれ12人のボカロPの皆さん。

 

  そこで私の大好きな神無月郁くんに楽曲を提供していたのがtakamattさんなのです。

f:id:hukaturdr:20170226185845j:image

 (いっくんカッコいいよ!ちなみにCVは賢章先生だよ!!)

〜余談終わり〜

 

  今まで好きになったものがあっちで繋がりこっちで繋がり、It's a small worldとはよく言ったものですね。

 

   TwitterInstagramは勿論、nanaをやってるメンバーもちらほらいて、それを覗きに行くのも楽しいです。

   よく「〇〇に歌って欲しい△△5選!!」みたいなブログ記事があるじゃないですか。めせもあさんの場合、踊ってみたとかnanaがある事でその辺の願望が実現しやすいんです。(恐らく普通のアイドルよりはリクエスト等も送りやすいんだと思う。)

 

 

  そして何より驚いたのが、過去の作品(CD、ライブDVDなど)が買えないということ。

 

  作成までの費用も抱えた在庫も自分たち持ちなんだから*3当たり前だけど、いつどこのお店に行ってもほとんどが購入できる環境に慣れきった私には衝撃でしかありませんでした。

 

  せっかく興味が出てきて、いろんなお仕事をしてる彼らが見たくなって公式サイトに行ってみても、ほとんどのCDに並ぶsold outの文字。

  ダメ元でレンタルCDを探してみてもやっぱり無い………。

  特に彼らの出演した舞台のDVDが収録された2ndアルバムが欲しくて欲しくて堪らないのですがどこにも無い。

  観たいよーヽ(´・ω・`ヽ)innocent boys観たいよー!!(ノシ'ω')ノシ

  お芝居してるアイドル大好きだから見せてよー!(_ ・A・)_

 

 

  よく運営に不満がある時は売上で訴えるのが1番!って言いますよね。事務所を諭吉漬けにしてやるのが1番効果的だって。なのにこの場合お金があっても使う場所がない。(初めての経験)

 

  お金が足りないことはあった。時間が無いこともあった。でも搾取源が無かったことなんて!買う媒体が見つからなかったことなんて!!

 中山優馬のソロコンDVDと関ジュの写真くらいしか……!!(結構あった)

   ※好きになったのが遅いとこうなるんだ………。

 

 買わせてくれ〜…「貴方が好きだ!」「この曲が好きだ!!」「素晴らしい!!!」って気持ちを言葉より確かな諭吉で伝えさせてくれ〜!!!

 

  昨年の散財によって今年は「今無い金は明日も無い」をスローガンに掲げようとしていたのにそれどころじゃない。これは一大事。

  とりあえず誰かinnocent boys見せてください(大泣)

  (そういえばこれも2ndアルバム)

 

 

  小さな世界しか知らなかった私に毎日驚きをもたらしてくれるMeseMoa.さん。

  買えない円盤は仕方がない。これから出るものを取りこぼさず買いましょう。

 

  むすめん。を知らなくて寂しいならめせもあ。の全てを見届ければ良いんです。

  (ちょっとカッコよくね?え?五月蝿い?ごめんなさい。そんな、悪気はないです)

 

 さてさて、春休みテンションで書ききったこのブログ。実はもうちょっと続く予定です。

  (せっかくだから在宅のうちにメンバーの印象とかも書き残したい!)

*1:基本メンバーと居るんですけどね。仲良し可愛いですね。

*2:2ndアルバム「2222」収録、「Would you like to dance with me?」

*3:正直この辺りの仕組みもよくわかっていないのです…。諸々の作品は自費出版(出版?制作?)なの?誰かご教授を……