つれづれログ。

いろいろ齧ってぜんぶおいしい。

記憶と勢いで書き残すNEVERLAND感想

 

と、いうわけで第2弾。

今回は本当にテンションだけで書きます。

盛り上がった勢いのまま最後まで転げ落ちたから、感想も曲順無視して思いつくままに転がります。

 

まずはソロコーナーから。

・あやめ

加藤さんのソロはたくさんの人が語彙を尽くしてレポしてると思います。

本当に綺麗でした。

 

細部までこだわり抜かれている加藤さんのソロは毎度「浅知恵では見られないな」 と思わされます。*1

今回は特に歌詞から曲調に至るまで加藤さんの表現したいものをグッと詰め込んだソロ曲なので、コンサートの演出もそれはそれは壮大でした。

 

加藤さんというと思慮深くて明暗でいえば暗い方のイメージがあったのですが、実は言葉の力や平和を信じてる、すごく朗らかな思考の人ですよね。

冒頭の「何もわからない」というような無垢な表情が、そんな加藤さんの思考を表している気がしました。

Neverlandという理想郷にかかる平和の虹を駆け登る純粋な青年……なんだか神話の英雄みたいですね。

 

……なんだか「変なこと言えないな」って思っちゃって書けない!!

こんな事書いてる一方で「あそこは何かの暗喩なのかな?」とか「あれは何かのオマージュ…?」とか探り探りしてしまう自分がいるんですよね。

畜生!!勉強するぞ!!!

 

・ニャン太

小山さんのソロは前回のブログにも書いたので割愛。

 

アレコレ言ったところでやっぱり重いししんどいけど、良いソロでした。

何度も思い出すにはまだ辛かったと思います。本当にお疲れ様でした。

 

・FOREVER MINE

この曲に限らずですが、今回の増田さんの声が特別甘かった気がしたのは私だけですか?

 

火や水の演出に目を奪われてばっかりだった中で、突如現れたと思ったらひたすらに愛を歌う増田さん。心惹かれないわけが無い。

 

不倫の歌だよって散々言われていたけど、初めて聞いた時から多幸感しか得られなかった。そんな曲をあんなシンプルな、何も飾り立てないセットで歌われちゃったらそりゃ幸せでしょ?!

「そっか、共に堕ちてゆきましょう」って安易に増田さんの手取っちゃうでしょ?!

ずるいなぁ…カッコいいなぁ…。

 

・I'm coming

手越さんカッコいい。

 

手越さんめっちゃカッコいい。本当にカッコいい。I'm comingめっちゃカッコいい。

 

淳太くん然り髙木くん然り、官能的な世界に身を投じるアイドルって本当に素敵ですよね。

手越さんのソロもまさしくそれです。

 

お恥ずかしいことに私は『“I'm coming”という言葉を聴いて「あ………」ってならないお嬢ちゃん』だったので最初は歌詞見てびっくりしたんですが、ロックならよくある表現ですし、手越さん好きそうだな、と。

またバンド背負ってガンガンに歌い上げるのかな〜と思って構えていました。

 

………が

 

今までのシンプルさと打って変わって、まさかのアイドルパフォーマンス。

しかも顔も声も強い。

すっっごく好き!!

 

やっぱり手越さんはカッコいいなぁ〜。

I'm comingはわからなかったけど、もうそこまで若いお嬢さんでもなかったので「やられたわ〜」「そう来たか〜」とよく分からない反応をしてしまいましたが、めっちゃカッコよかったです!!

 

 

 

…なんかそれぞれに違うニュアンスで「カッコいい」を連発してしまいました。

でも今回本当にみんな素敵なソロだったんです。なんだか、4人のやりたかった事が今まで以上に明確に出ていたような。

 

ステージに自分の理想の世界を創り出した加藤さん。ジャニーズらしい、ファンが間違いなく盛り上がる、セットを駆使した演出で魅せてきた手越さん。

自分の思い出という唯一無二の題材だけを味方に、生身の状態で挑んできた小山さん。余計なものを削ぎ落として、自分の歌声だけで観客を魅了した増田さん。

 

今までの「この人と言ったらコレ!」みたいなお約束が無くなって、新鮮な気持ちで見ることが出来た気がします。

 

 

 

さてさて、お次は印象に残ってる曲や演出をチラホラ。

 

 やっぱり一番はBYAKUYAですかね!

何より先に「やるんかい!!」って。←

 

最近那須くんの「BYAKUYA…」に慣れきってたのもあってNEWSのお兄さんめっちゃ怖かった!!

「これがBYAKUYAじゃ!!」って気迫がすごい。そうです。これこそBYAKUYAです。

 

とにかく豪華。

この曲は綺麗な顔の人が、お金のかかっているド派手な演出をバックに歌う曲なんだよ。それだけの価値がある曲なんだよって脳細胞に直接訴えられました。

 

続いてBlack fire

まず寝たまま歌ってるとは思えない手越さんの声量に引くじゃないですか。

 

その後の加藤さんがカッコよすぎてもっともっと引くじゃないですか。

「い、ま、燃、や、せ」に合わせてマルチアングルで加藤さんの顔写して欲しい。炎を操る加藤さんめちゃくちゃカッコいいから全力で映像に残してほしい。JEさんに言ってるんだよ、聞こえてますか?

 

みんな手振り上げてたし、私も出来ることならヘドバンしたいくらいの気分だったからステージの皆さんはあんまり見えてませんでした。が、時折モニターに抜かれるメンバーがカッコいいのなんの…。

 

ポコポンペコーリャ

突如めったんこに可愛いNEWSさんが出てきたもんだから混乱がすごい。

 

NEWSはポコポンをファンとのお遊びに使う演出が好きですね。私も楽しいから大好き(笑)

NEWSが寝ちゃった!起こしてあげて!!って初期のおじゃんぷちゃんかな?!

今のNEWSにこれが似合うのはコンサートの世界観がしっかりしていたからこそですね。

 

ただこんなに終盤で来ると思わなかった。

まさかのラスト2曲。

 

 

あと今回すごく好きだったのがJrの使い方

East areaの大騒ぎ曲然り、weeeeek然り、ふとメインステージに目を向けた時のJrが可愛い!!!

今回は顔が見えやすかったので余計に愛着が湧いてしまいました。

 

外周パレードの時の風船持ってる姿とか、最後に汽車に乗って手振ってるみんなとか、とっても可愛い。NEWSも見たいけどJrのみんなも見たかったので目が忙しかった…。

 

 

そしてU R not alone

「絶対歌うよね」と話してたので歌詞を覚えて参戦しました。

が、まさかあんなに躍起になって歌うとは思わなんだ……。

 

あんな辛そうに叫びながら歌って欲しくないから、笑って歌ってほしいから、「まだ足りないか!これでどうだ!!」って声を張り上げてました。(もはや自分の声は聞こえなかったけど音程が酷かった気がする)

 

オーラスにしか入らなかったので、正直詳しいことはわからないですけど、今回はいろんな事があり過ぎましたよね。

なんか、それでしんどかったとか、辛かったとか、それで泣いてたとしたらすごい嫌で。

「ここには貴方を好きな人しかいないんだよ、ほら笑って笑って」って。

最後はもう意地だった。

 

だからダブルアンコールで小山さんが泣きながら笑ってた時、あー良かったって安心しました。

(叫んで歌って改めて気づいたんですけど、本当にいい歌ですね)

 

 

 

 

アンコールが終わって、最後に拍手に包まれた会場を見て、なんか全部物語だったんじゃないかと思いました。 

 

アンコールなのにそこまでコンサートの大筋に組み込まれてました、なんて聞いたことないですよ?!

あれはもう、1つの作品なんじゃないでしょうか。

 

これは私の独り言に過ぎないし、そんな訳ないけれど、いろいろあったことも、それを受けてファンがあれこれNEWSにアプローチしたのも、ダブルアンコールで自発的に始まった合唱も、全部全部誰かが書いた物語に思えてしまいました。

 

それくらい、私が今まで経験した事のないコンサートでした。

 

 

 

 

…たくさん書いちゃったよ!!

今回楽曲レビューをやらなかったので*2曲に対するイメージも一緒に書いてたらソロ曲が結構な幅を取ってしまった!!

 

NEWSのコンサートって最後の感動が大き過ぎてそっちに記憶が持っていかれがちなんですけど、そういう「エモさ」を抜きにしても充分楽しいんですよ。

今回も単なるNEWSとファンの絆の話だけじゃなくて、ちゃんと思い出すと内容とか演出が素晴らしいコンサートだったんです。

 

自分の好きな曲がほとんど外周で使われていたのでこの記事では省略しましたが、好きな曲がたくさん入っていて個人的に大満足のセトリでした。

繋ぎの映像も素敵だったし、「NEVERLAND」というテーマを最大限活かした、NEWSだからこそできるコンサートだったと思います。

 

 

 

それではこの辺で!!

 

円盤待ってるぞ!!(大声)

また何か思い出したらTwitterにポツポツ落としましょう…!

*1:今頃ライナーノーツ読み直して気が遠くなってます。面白いよこの方の思考……。

*2:QUARTETTOのレビューが不完全燃焼だったのでリベンジしたかった…