つれづれログ。

いろいろ齧ってぜんぶおいしい。

私の大好きなとみたけ君を見てください。

 

アイドルが好きなみなさーん!

ジャニーズが好きなみなさーん!

 

MeseMoa. どうっすか?(唐突)

 

 

 MeseMoa.とは…?

2012年に結成された動画投稿サイト発の9人組ボーイズグループ。
素人男子が集まったカバーダンス動画で
注目を集め、オリジナル曲でのライブ活動を行うようになった「自称アイドル」。
2015年には目標としていた中野サンプラザワンマンライブが即完売、
2016年に全国47都道府県ツアーを敢行するなど精力的に活動中。
2017年1月、旧称のむすめん。からMeseMoa.(めせもあ。)へ改名。

※公式サイトより

 

以前沼落ちブログにも書いた通り、「アイドルって素敵だなぁ」→「アイドルになろう!」という漫画みたいなアイドルドリームを現実に変えて、全力で突っ走っている9人組です。

 

hukaturdr.hatenablog.com

 

 

現在ミュージックステーションがこのような投票企画を行っています↓

 

 

1次審査を通過したアーティストの中から、得票数の多かった人がミュージックステーションに出ることができる、というとってもシンプルかつ壮大なこの企画。

MeseMoa.も 無事1次審査を通過し、Mステへの挑戦権を手にしました。

 

Mステ出てほしい!!たくさんの人に見てほしい!!出来ることならここからもっともっと人気になって欲しい!!

 

 

…と、いうわけで。

今から推しステマをします。 (率直)

 f:id:hukaturdr:20170801074637j:image

とみたけくん。(お酒の飲める)18歳(笑)。

メンバーカラーは薄ピンク。北海道の大地に育まれた、よくはしゃぎよく笑う183cmの男の子。

 

最近は髪を暗くしましたが、お洒落さんなのでそこそこの頻度で神山くんレベルの派手髪になります。

 f:id:hukaturdr:20170801074700j:image

先日この髪型でモニタリングに映り込んで、「菊池風磨か、とみたけか…?!」論がじわっと巻き起こりました。(ショッキングピンクからこの色に落ちてくまでの過程がまるで一緒だった)

 

とにかくダンスが上手い。そして歌もうまい。

とりあえず動画を見て、そしてお歌を聞いてください。本人の実力が最強のステマです。


【あおい・とみたけ・食パンMen】-Lamb.-踊ってみた。【Boys】

私が大好きなLamb.(右がとみたん)


男10人で アンジュルム 臥薪嘗胆 を踊ってみた

臥薪嘗胆。モー娘。リスペクトの名前入りTシャツのおかげでちょっとわかりやすい(はず)。

中盤にセンターに躍り出てきてからのスーパーとみたけタイムが愛しい。

 


【MeseMoa.】Shadow Kiss【1st album】

「むすめん。」から「MeseMoa.」に改名後一発目の楽曲。(※男性同士の口づけの描写がありますので、苦手な方はお気を付けください)

力強い歌声がどこまでも伸びていきます。

 

目立ちたがり屋さん(※アピール上手)なので、大勢の中でもすぐ見つかります。


[MeseMoa.×ちょこぼ] 踊れ!どっこい!皆の衆 [K'suke×kradnessと踊ってみた]

こちらは3グループ合同での踊ってみた。

そこそこの大所帯で目立ちたがり屋さんを発揮しています。

 

自分がカッコよく見える表情、大勢の中で映える動きを知り尽くしている。そして至る所から漏れる「俺が真ん中だ!」精神…。

こういう、器用で華とガッツのある子、好きな人多いんじゃないでしょうか?(*^^)←

 

 

ジャニヲタ的にも見所の多い(と思う)とみたん。そんな彼の、声を大にしてアピールしたいポイントがこちら↓

  1. 二次元を疑う性格
  2. 気合いと比例するパフォーマンス
  3. 匂わせ上手の有言実行

 

以下でこれらを1つずつ紹介していきたいとおもいます。(特にジャニヲタさんは2と3を見てほしい!!1は沼にハマってからでも十分間に合う)

 

1.二次元を疑う性格

 「ちゃらたん ばかたん  ボクとみたん!みんなのおっきい弟 とみたけです!」

 

お勉強は苦手。騒ぎすぎてついつい怒られちゃう。生まれて初めてのディズニーランドが楽しすぎて泣いちゃう。

ちょっぴりチャラい外見にめいっぱい愛しさを詰め込んだかのようなとみたん。

 

でもね、この人めちゃくちゃお兄さんなんですよ。母性本能くすぐるどころか、こちらが甘やかされてグズグズになるんですよ!

 

炎天下の中並んで握手しに来たファンには「水分取ってね、熱中症気をつけてね、」と労いの言葉をかけ

 

遠征を重ねるファンには体調を心配し

 

暑い中浴衣着て汗だくになって自己嫌悪が止まらないファン(私)には「浴衣じゃ〜ん!(*゚▽゚)」とご機嫌を取る*1

 

 

優しさが止まらない( ˙-˙ )

メンバーから貰った優しさを増幅してファンに届けるハッピーマシーン、それがとみたん。

 

チャラチャラしてるようでめちゃくちゃ面倒見のいいお兄ちゃん。いいねいいね。少女マンガで見たことある。ちゃ○からLa○aまで、すべての少女マンガ雑誌で見たことある。

 

 

2.気合と比例するパフォーマンス

 

自分の誕生日公演で、「今日は思いっきりブチ上げるから!」魂のルフランを歌い上げたとみたん。

 

…皆さんは大型番組で「今日はバチーン☆キメてやりますんで!」と宣言し、観衆に歌声で殴りかかった手越祐也さんを覚えていますでしょうか?

 

私はとみたんを「めせもあ。の手越祐也」と思っている節があります。(真剣)

気合いが入った分だけ声が伸びてゆく。踊りにキレが増す。「さあ、俺を見ろ!!」と言わんばかりのオーラが溢れ出す!!

あー、私の推しカッコイイんだよ(*´艸`)

 

最初も言いましたが、本当にお歌が上手です。

声が太くてどこまでも伸びて、なのにちょこちょこ喉を壊してしまうという完全な照史くんタイプ。舞台上で輝く華やかさも照史くんに似てるかも。

 

歓声を上げればあげたぶんだけ!求めたら求めた分だけ!なんなら求めた以上のパフォーマンスを見せてくれるとみたんを推さずにはいられない!!

 

3.匂わせ上手の有言実行

ジャニストが好きなみなさーん!!

中間担のみなさーん!

匂わせ発言多めのアイドル、好きでしょ?

 

 

MeseMoa.に所属する1アーティストとしてゲストに呼ばれた歌い手さんのライブ

 

ずっとやりたいと言っていた声のお仕事

 

ラジオ番組のメインパーソナリティ

 

 

今年に入ってとみたんの個人活動が活発になりました。

これらの仕事の2〜3週間前のTwitterには「今日は今までになかったお仕事」「初めての人との仕事」「もうすぐスペシャルな発表ができる」などなど、大きな仕事の存在をほのめかす発言の数々……。

 

なんだこれは?淳太くんのぶ誌か?!

 

とみたんの「スッペシャルな発表」はいつだって本当にスペシャル!そしていつでも予想外!

今度はどんなお仕事かな?何の武器を使ってどんなとみたんを見せてもらえるのかな?毎日ワクワクさせてくれるアイドル最高!!

 

 

今のMeseMoa.さんの目標*2って私の想像以上に険しい道のりなんですよね。能天気だから簡単に「頑張れ頑張れ〜!」って言ってしまうけれど、やっぱり大きな箱を埋めるのは1人や2人頑張ったくらいじゃ叶わないですし、この夢を語る前置きとして「言うのは簡単だけどね、」とつくのも仕方の無いことです。

そんな中で「生半可な決意じゃないぞ!」と言い切り、「今まで口に出したことは叶えてきた」と笑ってくれるとみたんの力強さ…!

 

応援してて楽しい上に、未来に明るくワクワクできるアイドル、最高じゃないですか?

 

 

 

どうでしょう?とみたけさん気になってきましたか?

 

 

 

「んー、気になっては来たけどぉ・・・よくわかってないし、イベントとか行くほどでもないし・・・」というそこのあなた!!

MeseMoa.に1票お願いします!

イベントに行くまでには至らなくても、Mステに出れば!お茶の間の皆様にMeseMoa.のパフォーマンスを見ていただけます。

手探りで武道館を目指す彼らの勇姿を、そして私の大好きなとみたんの歌声を、この機会にぜひとも見てほしい!

 

何度も言いますが本人の実力が何よりのステマです。

一度見てください。まだ見ぬアイドルのパフォーマンスに期待してください。

どうか皆さんの一票、MeseMoa.さんに入れてみてください。

 

気持ちばっかり先行してしまって全くステマになっていないですが、とにかく一度見れば惹きつけられる人は少なくないはず!!(これしか言わない)

 

最初に貼った私のツイートから投票ページに飛ぶことができます。

1日1回、ぽちっと押すだけです。(投票ページにステマ用のVTRがありますので、お時間ある方はぜひ、そちらもご覧になってください。)

投票は8月18日まで。

MeseMoa.をどうぞよろしくお願いします!

 

P.S.

(先日公開されたばっかりの新曲MVも見てみてください♪)


【MeseMoa.】Muddy Water【1st single】

(こちらもとみたんセンター張っております♪)

 

*1:本当にありがとうございました。おかげで1日ご機嫌でした。

*2:武道館公演に向けて、まずはNHKホールを埋める!